パンダリロン

‪この出会いが未来への分岐点‬

トリガー

 ついさっきジャニーズJr.チャンネルで「YouTube FanFest Music JAPAN 2018」のストリーミングを見た。SixTONESが出演したやつ。

SixTONES @ YouTube FanFest Music JAPAN 2018 | 「JAPONICA STYLE」「IN THE STORM」「Amazing!!!!!!」 - YouTube

f:id:rktk-126:20181213223912p:image

すごかった。熱い。熱すぎる。幕張メッセSixTONESの他にも豪華な出演者が複数参加していたフェスでこのキンブレの量、歓声の大きさ、ボルテージの高さ。

 Jr.チャンネルが開設された初期からSixTONESのファンの熱量がすごかったのはうっすら感じていたけど、「Jungle」の再生回数100万回を早々と達成したときには本気でSixTONESの結束力が半端ないやつだと感じた。そして突如品川駅に現れた巨大広告。TL話題騒然。品川を皮切りにして都内に続々と現れるYouTubeの広告。タッキープロデュースのMVが公開されれば、瞬く間に話題になり公開翌日には再生回数100万回を突破。恐らくこんな展開になるなんてメンバー本人たちですら想像していなかっただろうし、ましてや再生回数をコツコツと伸ばし続けたファンの方たちは現在進行形でもっと思ってもみない展開になっているのだろう。

 数字には意味がある。目に見える数字が大人や偉い人は大好きだ。「このグループが好き」っていう気持ちを測ることはできないけど、公式から供給されるコンテンツを通してその気持ちを数字で表すことはできる。雑誌のアンケートや個人写真の売上高とか。特殊なものでいくとクリエの当日券とかね。再生回数もそのひとつ。今回のSixTONES×YouTubeの件は本当に分かりやすく数字がでかい仕事に繋がった案件だったから、オタク側の行動がアイドル側の仕事に還元されるっていうアイドルのシステムを思わぬ形で目の当たりにして、天地が3回ひっくり返るくらいの衝撃を受けた。 今まで希望的観測程度の気持ちで公式写真を買いまくっていた自分の行動にシンプルでこれ以上ない意義が含まれてきてしまった。熱意には熱意が返ってくる。かもよ、みたいな。

 私は7 MEN 侍のオタクで、未だに侍Tubeが開設されないから(圧)このJr.チャンネルの盛り上がりをいつもうらやましくみてる側のオタクだけれど、SixTONESのケースがあったおかげでどれだけ「数字」が大事なのかが改めてよく分かった。オタクの応援のカタチは人それぞれだけど、アイドルを好きという想いがアイドルにとってプラスになる形で還元されるようなコンテンツはオタク同士で積極的に広げていって、どんどん盛り上げていきたいと思った。

 

 

 

 

【結論】

7 MEN 侍にYouTubeを!!!!!

 

おわり

 

本髙克樹くんのプロフィール

 

7 MEN 侍/ジャニーズJr. 本髙克樹くんのプロフィールです。

ISLAND  TV公式プロフィール

本髙克樹 プロフィール | ISLAND TV

 

 

f:id:rktk-126:20181124011858j:image

本髙克樹 [もとだか かつき]

*常人の予測変換だとたぶん一番最初にくるのが元高なのでよく間違われてしまうのですが、本髙の「本」はbookの方でついでに「髙」ははしごだかなのでご注意を!さらに先輩にもときどき「もとたかくん」と呼ばれていることがありますが、正しくは「もとだか」で「だ」濁ります!

 

所属:7 MEN 侍/ジャニーズJr.

生年月日:1998年12月6日 [20歳]

干支:寅年

星座:いて座

出身:東京都
血液型:O型
身長:170cm
体重:56kg

視力:0.2 コンタクト ('15 8月テレファンより)

趣味:料理、釣り
特技:勉強、数学、ピアノ

あこがれの先輩:中島健人くん

ニックネーム:かっくん、ぽんさん

名前の由来:何事も“克”服し、“樹”木のように大きくしっかりした心で、どんなことも受け止める

家族構成:父、母、弟(4つ下)

メンバーカラー:緑

侍バンド:キーボード

入所日:2011年6月

入所のきっかけ:嵐ファンの叔母さんに嵐のライブに連れて行ってもらったことがきっかけで中1のときに履歴書を送った

シンメ:村木亮太

 

­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--­­--

 

[かつきのおいたち]

 1998年12月6日生まれ。出身地は東京都、埼玉県、神奈川県など曖昧。小さい頃からご両親の仕事の都合で引っ越しが多く、4才のときに東京から北海道へ引っ越す。自然と戯れる毎日をおくり、小2で東京へ戻る。このときに地元のサッカークラブに入る。小6で「中学でも同じクラスだったら…」と女のコに淡い気持ちを抱く。初恋?中1、私服かジャージからジーパンへ。

[出典:Myojo2013年8月号 ボクたちの波乱万笑ヒストリー]

 

 

[いろいろプロフィール]

 頭脳明晰。得意教科は数学。完全な理数系。全国模試で数学100点取ったことがある天才。「数学王」と題して少クラの椅子トークにも出演し、ドル誌でもその天才っぷりを披露。

 数学は小さいころから得意で、テストもほとんど100点。親には「高校に入ったら、ちゃんと勉強しないとついていけなくなるよ」って言われたんだけど、今のところ数学でわからないことは、あまりないんだ。勉強は好きか嫌いかって聞かれたら、もちろん嫌い!数学は勉強しなくてもできるから自分にとって得意ってだけで、例えばコツコツ知識を積み上げていく英語は苦手なんだよね(笑)。だから数学の公式もほとんど覚えてないよ。ただ公式だけを知っていても、その公式が使えるパターンの問題しか解けなくなるから、どうしてその公式になるのか、原理をわかってるほうが大事なんじゃないかな。公式を理解することが数学を知る一歩になると思うよ。

 颯くんと挙武との対談ではドル誌とは思えないトーク展開に。

髙橋  (突然)最近好きな単語は〜。

髙橋以外  ギャハハハハ‼︎

松田  単語しばりなの?(笑)

髙橋   “インダストリー”。

本髙  産業、製造業っていう意味ね。

松倉  わからない、頭いいヤツにしかわかんない!(笑)

髙橋  スペルと響きのバランスがいとおしくてしょうがない。

松田  いいね、渋い。

本髙  “ry” って気持ちいいよね。ライブラリーの “ry” も気持ちいい。

髙橋  そうそう!特にハマってるのが“インダストリー”。最近のラブね♡

村木  何? “リー” が好きって。

松倉  まったく話に乗れない(笑)。

 

“オレは微分の限界が見たい!”

 

髙橋  前は学校の授業で聞いたことをノートに書いて、テスト前に詰め込んで、終われば忘れていく。その繰り返しだったの。でも今は宇宙の起源の本を読んだり、算数の問題から振り返って解いたりするとわかりやすいし楽しいって気がついて。昔からこの方法でやっておけば、学ぶことが楽しかったのにって思うよ。

羽生田  そうなんだ。オレは小学校を受験して以来大学まで受験せずにきたから、大学から入ってきたヤツらの英語力にかなり遅れをとってると思うの。だから今は学校終わりに図書室に行って、ひたすら単語を覚えたり、文法、英会話、片っ端から英語の勉強をしてる。

本髙  英語で一番差がつくのは語彙力だよね!オレも将来のために勉強するなら語学だと思う。英語と中国語ができれば、世界の人とコミュニケーションがとれるから。

(略)

髙橋  勉強でいえば、オレは最近思ったんだ。役立つ役立たない関係なしに教養って大事じゃん?何が教養かって考えたら、“自分は何か”ってことだと思ったの。

本髙  ヤバイヤバイ、難しい話になっちゃう!

羽生田  とんでもないヤツがいるな!(笑)

髙橋  まずは自分は何から生まれたか考えるとブラックホールがあって、次にビックバンが起きて、地球が生まれたでしょ。そしてミトコンドリア。めっちゃかわいい女優さんも元はミトコンドリア。化学を学ぶなら、そうやってさかのぼっていけば楽しいんだなって。

本髙  生物の元ってミトコンドリアだっけ?

羽生田  ミトコンドリアの前に原子や分子があるからね。atomsだね。

本髙  もういいよ(笑)。

髙橋  そうやってさかのぼると日本史にも世界史にもつながって、どの勉強もムダじゃないってことがわかる。ただ数学はムダかな(笑)。

本髙  数学はムダじゃない!数学は考える力がつくから。サイン、コサインだって使う場面がきっとある。オレは微分の限界が見たい!

羽生田  “微分の限界が見たい”、ジャニーズJr.初の発言だな(笑)でも、学ぶ上では好きってことも大事だよね。オレは映画が好きで、黒澤明監督のモノクロ映画とか古い日本の映画を見て、日本をリスペクトするようになった。

本髙  難しい話になっちゃったけど(笑)、最後に受験生に言いたい。勉強はやればやるだけ伸びる!でも対価を求めちゃだめ。伸びた実感がなくても絶対身についてるから頑張って!

 

“勉強はやればやるだけ伸びる!でも対価を求めちゃだめ。伸びた実感がなくても絶対身についてるから頑張って!”

 

中村  あ、本髙の勉強エピソード思い出した!前に『ジャニーズ・ワールド』の練習のとき、シンバルの裏に英単語を貼ってたんだよ。

菅田  えっ⁉︎

中村  練習用の段ボールのシンバルなんだけど、勉強する時間がないからって裏にテスト内容を貼ってたの。

菅田  待って待って、本当なの⁉︎

本髙  (シンバルを持つ振りをして)「インダストリー!(ジャーン)」って。

本髙以外  ギャハハハハ‼︎

本髙  うちの学校、期末テスト前とか本当に大変なんだよ。

 試験勉強に卒論にお仕事に大変な毎日を送った高校時代の話や、 

『〜アイランド』初日とテストの初日がかぶってやばかった。テスト期間が1週間ちょっとあったから大変で記憶がない(笑)。

 学校の卒論をやっと書き終わった!準備期間も含めて半年ぐらいかかってしまったけど、最終的に納得いくものが書けたよ。で、終わってホッとひと息つくヒマもなく、今は中間テストがやってきてまた勉強。大変な毎日なんだよなぁ…(笑)。

天才Geniusでクリスマスパーティーをするなら?という話題の中でも勤勉キャラを発揮。

(略)

本髙  いいね。みんなで思いっ切り体を動かして、最後に微分方程式を解いて終わろう!

村木  いやいやいや、なんで最後に勉強出してきた!

本髙  いや、琳寧が体育会系のネタを出してきたから、オレは勉強で対抗しようかと思って(笑)。方程式を解くまで帰れないの。

村木  オレ、一生帰れないじゃん!

(略)

本髙  それだったら勉強合宿のほうがまだいい。

菅田  それ、何するの?

本髙  オレが一度参加したのは、2泊3日ぐらいで、朝からずっと勉強して0時に消灯して、朝6時に起きてまた勉強っていう流れだった。

菅田  わー、ヤだー!

村木  ヤだー!オレそんなの行かないからね!(笑)合宿っていうのはみんなで寝る間も惜しんでバカみたいにふざけるものでしょ!

本髙  そういうものだっけ(笑)。

村木  そういうものだ!

 他にも外国の方ともラフにお話ができるほどの語学力をもつ本髙くん。

 ニューヨークにプライベートで行って、いろんな観光地を巡ったよ。エンパイア・ステート・ビルディングに行ったら、そこの警備員のおじさん3人組がおもしろくて。自然と話が盛り上がって、長々話しちゃった。

 ご飯屋さんで隣に座った台湾の方と仲良くなった。寂しそうにしてたから話しかけたの。英語とちょっとの中国語で会話をしたんだけど、その人は物理学者で、知らない英単語がたくさん出てきた(笑)。最近は自分の言いたいことが英語で言えるようになってきて楽しい。もっと話す機会を増やしたいな。

 琳寧からこんな話も。

 克樹と街を歩いてたら、海外からの観光客に、英語でスクランブル交差点の場所を聞かれたの。ボクは何となくしか聞き取れなかったけど、克樹は英語ができるからペラペラ答えていてビックリ! すっごくかっこよかったし、「ボクも英語が話せるようになりたい!」って思ったんだ。

観光客に英語で道を聞かれてもさらっと英語で対応しちゃう本髙くんデキる男すぎ…

【○○がないと生きていけない】目標。

目的がないと動けないんだよね。感情でいろいろ物事をできる人間でなく、こういう目標があるからそのために努力しようって思うタイプ。だから目標があってそのために動いてないと生きている感じがしない。だから常に目標は掲げるようにしてるよ。目標達成の期日も決める。もちろん、目標がないときもあるよ。そういうときはぼーっとしてるんだけど、生きている心地はあんまりしない…。休息が嫌いなんだよね。もちろん、休みも必要だけど、休んでる自分が一番好きじゃないな。

という地頭のよさを感じさせるコメントも。

 

 天才Geniusの単独クリエでは、知的キャラを生かして天才Genius学院の本髙先生としてパフォーマンスを披露。「3.14159〜」の曲中の胸キュン台詞では、「放課後、僕の特別授業を受けないかい?」や「今日、授業が終わったら課外授業してあげるよ」とむりんねな発言を残した本髙先生。実にむりんね。本髙先生の「よくできました☆」をまた聞きたい。ボイスで入れてほしい。

 

 

 サッカーが得意で「リフティングが7万回以上できるよ!」と衝撃的なコメントも残している。他の雑誌では、

「7000回くらいやったことあるもん。2〜3時間かかったけどね(笑)」

とコメントしており、7万回は誤植かも。どちらにしろすごいというかちょっとずれてるというかなんかもうかわいいは。学校で入っていたサッカー部でのポジションはボランチ。サッカーだけでなく、意外に卓球も強い本髙くん。

(略)

菅田  克樹は卓球強いよね?

本髙  あ〜、もともと家に卓球台があったし、小学校で卓球部だったしね。

菅田  前にHi Hi JetとClassmate Jのコたちと卓球しに行ったとき、克樹が(井上)瑞稀を破ったじゃん。瑞稀も強いって有名なのに。

村木  少なくとも3グループの中では最強だろうね(笑)。

 二人三脚で謎の才能を発揮することも。

(略)

本髙  けど俺、運動できないイメージあるかもしれないけど二人三脚だけはめっちゃ速いから。学校の歴代記録を塗り替えて、いまだに抜かれてないから。普通に走るよりいい記録だったし

今野  それ相手が速いんじゃ?

本髙  いや、俺より遅い

前田  じゃあ、本髙と組んだらいい記録出るの?

本髙  ワンチャンある!これ、ウソみたいなマジな話

菅田  1人より2人の方が速いってすごいね

普通に走るより二人三脚で走った方が速いってそんなことある?謎が多い(笑)

 

 趣味は料理。小6から中3まで料理教室に通っていた本髙くん。

ビーフストロガノフとかラザニアとか、けっこう本格的なのも作れちゃう。」

と、当時14歳とは思えないコメントも。最近は趣味の領域を超えて、わざわざ築地で仕入れた魚をさばいて鯛のお造りを作ったりと、かなり本気で料理をやっているらしい。勉強ができて、ピアノが弾けて、料理もできる!そして顔がかっこいい!なんなんだ!完璧か!出木杉くんか!

 

 そんな天才本髙くんは釣りにハマッていて、ここ半年、ずーっとドル誌で釣り関係の話をしてる。本当にずーっとしてるから、釣りエピソードの供給過多。釣った魚は自分でさばくらしい。「アジなんて今年に入って70匹以上さばいてるからね。」(釣りにハマったのは11月、取材は7月上旬) もはやこちらも趣味の領域外。今は亡き築地にもよく行っていたそう。

 築地って朝6時からやってるから、午前から仕事があるときは、仕事前に行って夜に魚をさばくよ。

とのこと。仕事前に魚を仕入れて仕事終わりに魚をさばくアイドル。???

 

 ハマッていることといえばこのエピソード。

 最近、人生初でゲームにハマッちゃってる。友達どうしで対戦するのはいいんだけど、ひとりで家でゲーム…っていうのがあんまり好きじゃなかったんだ。でも最近はオンラインで対戦できちゃうんだね。どれくらいハマッてるか?…これ言っちゃうと、お母さんに怒られちゃうなぁ(笑)。そのゲームを買った日は…(小さい声で)朝の5時までやっちゃった。最近はそこまではやってないけど、2時近くまでやっちゃうこともあるよ。うちって家族4人で同じ部屋に寝てるのね。だから親にバレないよう、布団かぶってこっそりやってるよ。こういう時間も人生には必要だし、こうやって雑誌のネタにもなったってことで、お母さんに許してもらおう(笑)。

ツッコミどころ満載。家族4人で同じ部屋に寝てるんです。当時高2。16歳。尊い

 うちには個室がなくて、寝室、勉強部屋、リビングっていうふうに用途ごとに部屋を分けてるから、スマホは布団に持ち込まず、いつもリビングで見てるよ。家族全員で一緒に寝室で寝るから、布団の中でスマホをチカチカさせていたら怒られちゃうよ。布団の並び順はお母さん、弟、お父さん、オレってなってる。たまに布団を敷く位置が間違って、お父さんとお母さんの間に挟まれちゃうこともある。あと、弟は寝相が悪いから、弟の隣だけはイヤなんだよなぁ(笑)。

当時高3。何なんだ、なんて平和な世界なんだ。育ちの良さが溢れてる。

 お母さんの誕生日に、カットケーキとプリンを家族4人分ずつ買って帰ったの。そしたら家にもうケーキが用意してあって、テーブルに計12個のスイーツが並んだ(笑)。みんな一瞬で食べちゃったけどね。

 お父さんとお母さんが結婚20周年を迎えたから、オレと弟で盛大なサプライズをしかけたんだ。まずは、お父さん&お母さんに関わる人たちからのコメントをもらって、いままでの思い出の映像を盛り込んだ動画を作ってね。“結婚20周年おめでとう!”っていうメッセージと、オレと弟の名前を入れた有田焼きのマグカップといっしょにプレゼントしたんだよ。そしたら、ふたりともすごく感激して喜んでくれてたから、「あー、やってよかったな」って思った!

ッ…理想の息子ッ……こんな衝撃的な話も…

本髙  あ、でもオレ、家では自分のこと『かっくん』って呼んでるよ

村木・菅田  (驚)‼︎

菅田  おっと、それは初耳。新たな情報をゲットしたぞ(笑)

村木  わかった。今日からおまえのことは『かっくん』って呼ぶよ。うわ、テレる(笑)。家ではどう使うの?

本髙  え〜、どうだろう。“かっくん、明日試験なんだよね”、とか? うわ〜、はずかしい!

菅田  いいじゃん、かっくん。テレるなよ

かっくん…明日試験なんだって…… 思春期とは?

 お父さんとのエピソードも。

 お父さんがする話とかは、ボク中ではけっこう大事にしてるね。お父さんの方が人生経験があるわけだから、やっぱりタメになるし、生き方の刺激になるんだよ。その中でボクが一番印象的だったのは、ある経営者の話。いくつも会社を起業している人なんだけど、今は、もう社長を引退して、人材を育成するほうに回ってるんだって。一番偉大な人っていうのは、やっぱり人材を残す人。身近で言ったら、ジャニーさんもそうだしね。たしかにそのとおりだなって思うから、そういう話をお父さんから聞いて知ると勉強になる。今は自分の成長で精一杯だけど、いずれ自分が何かを突きつめられたとき、ボクも、その次は人材を残せる人になれたらすごいなって思うからね。だから、お父さんの話はボクにかなりの影響を与えていると思うよ。

 他にも、ドル誌でサマーにかけて「神サマーのような人は?」と聞かれて、

 オレは父親かな。うちの父親ってすごく家族を大切にするし礼儀作法もちゃんとしてる人なの。息子のオレが言うのも変だけど本当に神サマーのようないい人(笑)。

と答えたことも。そんな素敵なお父さんも、本髙くんと同じで洋服選びがヘタだとか…たまにおしゃれな服をプレゼントしているそう。理想の息子の完成形。

 

 この夏はよくいじられてたけど、おいしいものが大好き。「頭いいイメージにだまされちゃいけない。意外と食べ物に弱いよ。」って言ってた。村木が。好きな食べ物はおじいちゃんが作る豚汁と、おばあちゃんが作ってくれるドライカレー。嫌いな食べ物は固形チーズと貝類。特にホタテ。食べ物系の話題はドル誌でもよく出てきたけど、その中でもプリンにハマってた時期はヤバかった。

 体のことを考えて最近は週2〜3個におさえてるけど、1日3〜4個食べてた時期もあるくらいドハマリしてるのがプリン。とくに好きなのは、スプーンを入れたときに崩れるか、崩れないかギリギリのかたさのもので、某コンビニのプリンがまさに理想的なんだよ。最近のコンビニスイーツは、専門店に負けないおいしさであなどれないよ。

 毎日でも食べたいぐらいプリンが好きで、デパートやコンビニで目に入るとすぐ買っちゃう。買うときのこだわりは固さ。昔は家にあるプリンを何も考えず食べてたんだけど、いろんなプリンと出会ううちに、固さに対するこだわりが生まれてきて(笑)。基本的にはトロットロのやわらかいプリンが好きなんだけど、スプーンを入れたときに、下のカラメルと黄色いとこが混ざらない程度の固さはあってほしいの。よく買ってるコンビニのプリンは、そのトロトロ具合が絶妙で大好き!

ドル誌でプリンに対する愛とこだわりを語りまくってた本髙くん。プリン好きが高じてついにはJr.にQにも出演!他にも、おいしいご飯に目がない本髙くん。

 めっちゃラーメン食べてる。大学の近くにラーメン屋さんしかなくて、1週間に4回くらい食べるから、最近太ってきててヤバいんだよ…。春に入学して1か月で5キロ太ったからね。おいしいラーメン屋さんが多いし、こってり系が大好きだからさ…。太る理由は自分でもわかってるよ(笑)。だから1週間に1、2回くらい、夜に弟と一緒に走るようにしてる!昔から弟と走ることがあったけど、ついに速さでもスタミナでも勝てなくなっちゃった…。

 オレにとって、カロリーが高い“つけ麺”はご褒美。大学のテストが終わったあとや、自分ががんばったと思うときにだけ、食べに行くんだ。なかでも、お気に入りのつけ麺屋さんは人気で、いつ行っても20分から30分は並ぶの。でも、それだけ待っても「また食べたい!」って思うほどおいしいんだよ! 嶺亜にそれを話したら、すごく興味を持ってくれたから『夏祭り! 裸の少年』の全公演をがんばったご褒美として、いっしょに食べに行ったんだ。そのお店のスープは、鶏がらに魚介が混ざったこってり味だから、嶺亜の好みに合うか不安だったけど、ひと口食べて、笑顔で「おいしい!」って言ってもらえたときは、自分が作ったワケじゃないのにうれしかった!

(略)

菅田  克樹はおいしいお弁当があると喜ぶよね

前田  このあいだ、白いごはんもおかずもある弁当に、さらにレトルトカレーをかけて食べてたよね。ごはんにごま塩かかってるのに

菅田  逆に機嫌が悪くなるのは、その弁当を食べてる横で大光が“食うなよデブ”って言うとき

中村  “おまえのほうがデブだろ”って言いかえしたりしてね(笑)

前田  年下にいちいち言いかえして情けない気持ちにならないのかなっていつも思いながら見てるよ

中村  年下だし頭いいのに、熱くなっちゃう

本髙  受け流すときもある

中村  ちゃんとした返答をしすぎてるんだよ。“はいはいはい”って流せばいいのに(笑)

菅田  “これは低カロリーだから夜は抜く”とか、“朝ごはん食べてないから大丈夫”とかね

本髙  自分の中では正論です

中村  人は正論を言われたときほどイライラすることはないんだよ

前田  “1+1=2” だとは限らないから

本髙  …今、うまいこと言ったって顔したけど、全然うまいこと言ってないからね(笑)

メンバーにけちょんけちょんにいわれる本髙くん(笑)そして謎すぎるゼロカロリー理論… 琳寧からも厳しいお言葉が…

【本髙克樹に必要な○○】ダイエット。

痩せろっていう(笑)。一時期めっちゃヤバかったよね?(本髙、大爆笑しながら「痩せた痩せた(笑)?」)うん、今はね。だって昔の写真あさってたら当時のほうが丸かったよ。だから本髙に必要なのはダイエットです(笑)。たまに甘いんだよ。今日とかも「おすし食べたい、ハンバーグ食べたい」って言い出すし。(隣で落ち込む本髙に向かって)早歩きするといいよ。下半身から鍛えることが一番大事!

「おすし食べたい、ハンバーグ食べたい」

この発言…可愛いが過ぎる…いっぱいお食べ!!!!!!!!と諭吉握りしめながら言いたい。

 

 そして本髙くんといえば私服のセンス!本当にいろんなところでつっこまれ、ついには私服のダサさがアイデンティティーのひとつに。「アウター買ったほうがいいよ」と村木に言われて「そうなの? どんなのがいいかな…参考書を見ないとわからない(笑)。」という場面も。参考書とは。

村木  この4人の中で気になるものというと…本髙の服装かな(笑)。

鈴木  わかる!ちゃんと流行をチェックしておしゃれなスウェットを着てたりするんだけど、似合ってないの。

本髙  …浅い知識で挑もうとしてミスってるっていうね(笑)。普段はお母さんに買ってきてもらうんだけど、たまに自分で買うと間違えちゃう。

村木  上も下もそれなりにいい感じなのに靴が合ってないとかね、惜しいの。

本髙  自覚はしてるよ…。

村木  『〜銀座』といえば、嶺亜がいつも本髙(克樹)を「洋服がダサい」ってイジってた印象がある。

中村  だって本当に不思議なファッションなんだもん。でも本髙のすごさは、そこで「どこが?」って聞いて改善しようとするところ。ただ、改善点を微妙に間違えてる(笑)。

村木  確かにそういうところはある(笑)。でも、嶺亜の言葉のおかげで成長しつつあるから、今後に期待しとこう。

中村  そしてここに本人がいないのに話が出てしまうのも本髙の本当のすごさ(笑)。

村木  あ、本髙のキャップがめっちゃおもしろいの!虹色みたいな柄でさ。

本髙  僕にとって帽子は寝癖を隠すもの。柄とか気にしてないの。

菅田  みんなから何を言われてもかぶり続けるからね(笑)。

(略)

村木  服はなんでもいい、上下が合っていれば。

本髙  あはは!村木は本当に上下気にするよね。

村木  本髙はたまに、上下がマジでヤバい。めっちゃ気になるんだよ!

中村  本髙って髪とかファッションにこだわりあるの?

本髙  …ない(笑)。オレのモットーは、目立たず、ダサイともオシャレとも言われず生きていくことだから。ていうか、Jr.のみんなが個性的すぎるんだよ。

中村  本髙、よく「ダサイ」って言われてるもんね。

本髙  いたって普通のファッションをしてるだけなのに。ていうかオレ、学校ではむしろオシャレだから!

中村  え、じゃあ、あれも? 横しまのTシャツに縦じまのパーカを着てて、一体どっち?っていう。

本髙  あったねー。ま、それは忘れてよ(笑)。

 

“オレのモットーは、目立たず、ダサイともオシャレとも言われず生きていくことだから。”

 

本髙  こんなイケイケな服は自分じゃ買わないな。変におしゃれすると、目をつけられるから、おしゃれでもないけどダサくもない、空気みたいな服装っていうのが、ふだんの俺のコンセプトだから。

嶺亜  昔はハデなカッコしてたのに。ストライプのTシャツにチェックのシャツとか…あれは目が痛かったー(笑)

本髙  縦じまの服と横じまの服の組み合わせね。ある日、ファンのコにクスクス笑われて、変だって知ったよ。自分じゃダサいのがわからないから怖いよねー。

前田  ダサくないって。顔はすごく整ってるんだから、ほかのJr.みたいにロングコート+ハットの組み合わせとか似合うと思うよ。

本髙  じゃあ、ハット持ってないから今度いっしょに選んで。

嶺亜  そういう素直なところが本髙のかわいいところ。

嶺亜→本髙  「犬みたい」

 服がダサいって言われて、「これはどう合わせればいい?」って聞いてきたり、アドバイスを従順に実践してるのがかわいい。この前、いっしょに血買い物に行っていろいろ教えたよ。くつ下しか買ってなかったけど(笑)。

大光→本髙  「ファッションで引き立たせてくれる存在」

 私服がダサいから、自然とまわりを引き立たせてくれる(笑)。でも、なんか育てたくなっちゃうんだよね。この前、嶺亜といっしょにクツの合わせ方とか、サイズ感のバランスについてガチでアドバイスしたよ。

五十嵐  流行に敏感なのかどうかわからないけど、克樹はよくファッション雑誌を見て服をマネしてるみたい。それで上はライダース、下はジャージーみたいな格好をしてたことがあるんだけど、なんか似合ってなくて微妙だった…(笑)。

ひどい言われよう(笑)最近は開き直ってこんなことも。

佐々木  “釣り動画を見せておけば機嫌がよくなります”。で、“私服がダサいって言うと怒ります”。

本髙  怒らないよ。私服がダサいっていうのが、オレのアイデンティティーになりつつあるから。

佐々木  じゃあ、怒らせたいときは私服がすばらしいってホメる!

本髙  どっちに転んでもいいよ。服に関しては、その領域まできた(笑)。

 

“私服がダサいっていうのが、オレのアイデンティティーになりつつあるから。”

 

 頭が良くて真面目にみえるけど、実は天然なところや抜けてるところも。

橋本  天然な人っていったらダカさん(本髙)でしょ。たまに意味わかんないこというよね、ボソって。

菅田  頭いいイメージがあるから、ちょっとズレたことを言うだけでヘンに聞こえるんじゃない?

羽場  それで天然に見えちゃってるんだね(笑)。

橋本  でも、たまに意識飛んでるじゃん。リハーサルでもボーッとしてて、ダンサーの方に「OK?」って聞かれてたり(笑)。

菅田  あ〜、そうかも(笑)。

井上  今日撮影する7人の中で一番の天然キャラは…?

村木&猪狩  本髙〜!

本髙  待って待って!オレ天然って言われるのイヤなんだけど!バカって言われるのと同じぐらいヤだ。

村木  えーなんで? オレはバカって言われても傷つかないけどな。

井上  それはおまえが本当にバカだからだ(笑)。本髙はいたずらに簡単に引っかかるところが天然なの。

猪狩  ついこのあいだもあったよね。

井上  そう。高橋優斗に心霊ドッキリを仕掛けようってJr.の何人かが壁の隙間に隠れてスタンバイしてたらそこに本髙が来ちゃって。

猪狩  「…ねぇねぇ、なんか声が聞こえない?」って(笑)。

村木  めっちゃビビってんの。

本髙  だけどみんなグルだからだれに聞いても「え〜聞こえないよ」って言うの。怖かったー! しかもその後固定してあるシャワーヘッドがガタッと落ちてくるっていうガチの心霊現象もあったじゃん。

井上  あぁ、あれはガチ。さすがにそこまでは仕込めないもん。っていうかなんで高橋に仕掛けたドッキリにおまえが引っかかるんだよ!(笑)

本髙  …話題変えない?(笑)

 そしてたまに壊れる本髙くん。

(略)

本髙  最近小さいジュニアも増えてきて“オレら、お兄ちゃんジュニアになったなぁ”って思うことが増えたなぁ

根岸  思う思う。特に、あの20人部屋のときはそう思った(笑)

前田  でもそんなこと言ってる本髙も、たまに壊れるからなぁ(笑)。頭いいけど、実際は…

本髙  はい、けっこうアホです(笑)

前田  リハ場のドラムセットに座ったと思ったら、突然しっちゃかめっちゃかにたたきだしたりするし(笑)

根岸  しかも、かかってる防音用のシートもはずして…だからね

村木  リズムも合ってないし、ホントにうるさい! あれはこっちの神経乱される(笑)

本髙  いや、やってる自分が一番うるさいから(笑)。耳壊れそうになってるから

一同  だったらやるなよ!

このエピソードは夏に6つのコンサートをかけ持ちしてたときのもの。

───お互い直してほしいところは?

(略)

前田  本髙は、テンションが極限状態に入るともう手が付けられない。

本髙  それは前田だろ!

村木  いや本髙はヤバイ。うるさい。

今村  おかしくなるときあるね。

前田  人が変わってしまったかと思うくらい。

努力の人だから、全部全力で取り組むと反動でネジが外れちゃうことも。

 

 画伯と称されるくらい絵が下手だったり、乗る電車を間違えて遅刻したり、ICカードのチャージが出来なくてもたついているところを目撃されたりと、ポンコツな一面もある本髙くん。本人も、

 自分で思うのはアンバランス感かな。抜けてるところとしっかりしているところの差が激しくて、勉強はできるけどオレってかなりバカなんだよ(笑)。物もすぐ失くしちゃって、イヤホンは月に4回も失くしたことがあるから。こう見えてポンコツな部分がけっこうあるんで、そこはいいギャップだなって思うようにしてるよ(笑)。

と話していたり。ナイスポジティブピリオド。

f:id:rktk-126:20181202004015j:image

本髙くん(13)が描いたパンダ。謎の縦じま。本髙くん(19)が描いたサンタとトナカイも画伯健在でとても元気になるからみてほしい。彼、頭良いんですよ。とても頭良いんです。https://www.johnnys-net.jp/page?id=christmasMessage&code=1ryx42ph&data=15272

 

 ちょっと不憫な一面も。

(略)

松田  で、克樹は何に夢中なの?

本髙  最近テストがあって。今までは舞台や公演と重なることが多かったんだけど、今回は活動が落ち着いてたから怠けちゃって。自分に焦燥感を与えないと集中力が出てこないなと思って、わざと1時間ぐらい昼寝してみたり、自分に与える焦燥感と集中力のいいバランスを探すのにハマってる。

本髙以外  ……。

村木  待って、なんの話してるのか全然入ってこない(笑)。

本髙  要するに、人間は多少あせりがないと集中力が高まらないから、昼寝にはリラックス効果もあるし…。

本髙以外  (ガヤガヤ雑談し始める)

本髙  これ続ける?(笑)

松倉  よくわかんないけど、昼寝してるんだねってことは伝わったわ(笑)。

松田  なるほど、克樹は昼寝にハマってるんだね!

本髙  大事なのはそこじゃない!(笑)

村木がフォローに入るもガヤガヤ雑談が始まって話がフェイドアウト。他にも、「俺は…」と言いかけたところを嶺亜に「あ、本髙さんの話はいいです。」「どーせつまんないから(笑)。」とばっさり切られたり。自分で考えたキャッチコピーでひとりずつ自己紹介をしたときには、

佐々木  なんせトップの頭脳ですからね〜(ニヤニヤ)!

本髙  ほらぁ〜! 絶対シラけた空気になるから、言いたくなかったのに。でも俺だって、キャラをアピールしないと…。

嶺亜  大光、海がキレイだよ〜。

佐々木  ホントだね〜! 天気もよくて気持ちいいね〜!

本髙  ねぇ、俺の話聞いてる⁉︎

佐々木  あ、そこに時間かけたくないんで。もういっす。

本髙  あーそうですかぁ(ガックシ…)。

嶺亜  最近、イジられてるね〜。

本髙  いやいや、首謀してるの、嶺亜と大光だから!

嶺亜  えへ♡

と見事なまでのイジられっぷり。嶺亜に至っては、

中村嶺亜→もとだか(本髙克樹)

イヌ(笑)

オレの話を聞いてもらうことはあるけど、むこうの話は聞かないから(笑)。従順な感じがイヌっぽい

イッヌ呼ばわり。コンサートでチラチラ嶺亜のことをみてアピールするも、だいたい片想いに終わる。たまに嶺亜のデレがきて構ってもらえると、すごく目を輝かせて喜ぶところがまさにわんこ。ツンデレイアに振り回されてる本髙くんも素敵です。

 

 こんな感じでキャラが大渋滞している個性の強い本髙くん。雑誌では本人も、

 (中島)健人くんが憧れだし、頭がいいのが自分の売りの一つなので「知的王子」的正統派狙っていきたかったんですが、最近はイジられ役なんですよね。みんな俺のことデブって言うんです。学業専念で活動休止していた時、体重が増えたこともあったんですが、今はもう戻っているのにまだそう言ってくる(笑)。でも、キャラというものは何か一つあった方がいいと思うから、最近はおいしいと思うようになりました。そういうメンタルの強さも自分の長所かもしれません。今のグループ(7 MEN 侍)になって自分自身意識が変わりました。照れずにパフォーマンスができるようになったんです。今考えると恥ずかしいって思うことがダサかったな…。(略)

イジられるたびに俺は輝くから見ててください!

といっていたり、最近では自分の強みを掴んできたよう。

 

 そんな本髙くんの将来の夢は、

「幸せに生きること」

そのなかにデビューも入っています。いろいろな幸せがありますからね。

と語った。

 

 

f:id:rktk-126:20181123221417j:image

[出典:2018/4 - 2019/3 ジャニーズJr.カレンダーBLUE]

 

 

 

────────────────────

 

【年齢・学年一覧表】

2012年  14歳[13] 中2
2013年  15歳[14] 中3

2014年  16歳[15] 高1
2015年  17歳[16] 高2
2016年  18歳[17] 高3
2017年  19歳[18] 大1
2018年  20歳[19] 大2

2019年  21歳[20] 大3

*12月生まれのため誕生日を迎える前の年齢も表記

 

────────────────────

 

[ジャニーズとかつき]

 2012年6月にジャニーズ事務所に入所。当時13歳。同期は村木亮太くん。本髙くんの唯一無二のシンメで「むらぽん」の愛称で親しまれた。

 初めてステージに立ったのは、2011年8月から9月にかけてTDCにて公演された「SUMMARY 2011」。テレビ初出演は2011年12月に放送された「第62回NHK紅白歌合戦」。NYCのバックとして出演。ドル誌初登場は「POTATO」2012年10月号。東西フレッシュJr.として掲載された。

f:id:rktk-126:20181124005918j:image

 少クラやコンサートのバック、ドル誌などで活躍の場を広げていった本髙くん。2012年11月からは、2011年10月に新しく開局したBSチャンネル「BSスカパー! 」で2011年10月から2013年9月末にかけて毎週日曜22時から放送されていた、ジャニーズJr.の初冠番組「Johnnys'Jr.land / ジャニーズJr.ランド」にもメインで出演するようになった。

 2013年5月に放送された少クラでは、メインでマイクをつけて「さくらガール」を披露した。

[ https://www.dropbox.com/s/2oim4s4sx94tp8p/201305sg.MOV?dl=0

 

 しかし2013年7月頃に突然ぱったりと姿を消し、一部では退所疑惑が囁かれた。一方で中3の受験期ということもあり、学業に専念する為に休業しているのではという意見もあった。

 そして再び本髙くんの名前が挙がったのは、姿を消してから約半年後の2014年2月末、当時日生劇場で上演されていた「なにわ侍 ハローTOKYO!!」の見学レポだった。そして次の日にはWiNK UP編集部の公式ツイッター上に2014年4月号のJr.情報があがり、その中には本髙くんの名前も。

 復帰後のドル誌のテキストでは、

 受験のためにジュニアの活動をちょっと休んでたけど、その期間中は音楽もマンガも絶って、とにかく毎日勉強してたよ。でもたまに『ザ少年倶楽部』だけは見て“よし、またここに戻るぞ!”って自分にカツを入れたりしてた。受験の面接がドキドキしたなぁ。でもお母さんに「雑誌のインタビューだと思って、リラックスしてがんばれ!」って言われて、そうか…って思った(笑)。合格したときはひたすらうれしかったけど、いざ合格したら“みんなについていけるかな”ってちょっと不安になってきちゃったよ。ジュニアと学校、両方がんばらないと!

と半年間の休業は高校受験のためのものだったと語った。リクエストうちわの話題の中では、

「最近は“受験お疲れさま”とか“復帰ありがとう!”なんてメッセージを見かけて、すごくうれしくなるよ。あと、まえから見覚えのあるうちわがあったり。受験で休んでたから、ファンやめちゃったかなぁなんて思ってたんだ。休んでる間は勉強に集中しようと思って、あえてファンレターは読まないようにしてたのね。でも終わってから、全部目を通して、全部の手紙に返事を書いたよ。待っててくれた人、ホントにありがとう!」

と語っていた。その後も岸くんとの対談の中で1日どれくらい勉強しているか聞かれ、

「受験生だった去年の夏は1日14時間ぐらい。塾が9時〜23時まであったんですよ。」

と語ることも。この圧倒的な勉強量と一切を排除して、目標に向かって突っ走ることのできる精神力には本当にいつも感心させられます…

 その後も本人は「暗記は苦手だから勉強は嫌いです」と前置きしつつも「でも必要な時に頑張って良かったなと思います。」と言っていて、なんて子だ…と頭を抱えた記憶があります。

 天才クリエ前の雑誌のインタビューでは、

性格は寂しがり屋で我慢強い。決めたことは責任もってやります。たとえ嫌なことがあっても投げ出さない。

と語り、自分に責を課し、その度に壁を越えてきた本髙くんがいうからこそこんなにも説得力があるんだなと思ったり。

 その後、2014年5月に放送された「ファイト!YOUたち~ジャニーズJr. NO.1決定戦」に出演。「史上初の試みとなるジャニーズJr. No.1を決めるオーディションを行う!」と銘打ち、100人のジャニーズJr.たちにダンス、体力、トーク力、歌唱の4つのステージに挑んでもらい、ジャニーズJr.のNo.1を決定するという企画内容。Stage1のダンス審査で21/100人に選ばれ、Stage2の体力審査でも10/21人に選ばれ、Stage3のトーク力審査に進むもファイナリスト5人には惜しくも選ばれなかった。Stage1のダンス審査では「選んでくれて 本当にうれしくて」と思わず涙する場面も。半年間のお休み明けというタイミングで、周りとの差に不安を抱いていただろう本髙くんにとってここで認めてもらえたことはとても大きかったんじゃないかなぁと… その後はドル誌や、「Sexy Zone summer concert 2014」のバック、「ガムシャラSexy夏祭り!!」のバック、「A.B.C-Z Summer Concert 2014 “Legend” 」のバックで活躍し、10月からは少クラのスタジオ収録にも再び参加するようになった。年末には「第65回NHK紅白歌合戦」にSexy Zoneのバックとして出演し、受験を乗り越え完全復活した1年でした。

 

 そして2015年。1月1日の元旦から「2015新春 JOHNNYS' World」に出演、公式グッズのパンフレットにも掲載された。23日にはジャニーズショップにて初めて個人の公式写真が販売された。個人10枚、混合5枚の計15枚。雑誌やドル誌にも掲載されるなかで、2月には「滝CHANnel」のJr.名鑑に登場した。3月にはジャニーズJr.のカレンダーに掲載され、「Sexy Zone Sexy Power Tour」横アリ公演のバックについた。4月には「ジャニーズ銀座2015」に出演し、5月には「滝CHANnel」の滝子ニュース「注目Jr.インタビュー」に登場。7月には1日発売のSexy Zoneのシングル「Cha-Cha-Cha チャンピオン」のMVに出演。17日に東京ドームにて開催された「マツダオールスターゲーム2015」にキンプリのバックで出演、18日からは「ガムシャラ! サマーステーション」の特別公演に出演。計23公演。そして8月。1日から「Summer Paradise in TDC」が始まり、Sexy Zoneの「ファン感謝イベント&Show」や中島健人のソロコンサート「Love Ken TV」、佐藤勝利のソロコンサート「勝利 Summer Concert」、橋本良亮のソロコンサート「Ha"ss"y★Concert」、A.B.C-Zの「はじめよう A to Zを!!」のバックに出演し、この夏はほぼ毎日どこかの公演のバックに出演していた。計35公演。その他にも、24日発売のTVfanリニューアル特大号(10月号)に注目ジャニーズJr.として掲載されたり、27日放送の少クラセレクション「少クラニュース」のリポーターに抜擢されたり、大活躍の夏となった。9月には、「ガムシャラ!」に初登場。そして12月には「JOHNNYS' World」に出演。公演初日の2幕では村木亮太くんと菅田琳寧くんと共にジャニーズJr.の新ユニット“天才Genius”としてパフォーマンスを披露し、新ユニット結成の初お披露目となった。31日には「第66回NHK紅白歌合戦」にSexy Zoneのバック、伍代夏子さんの応援として出演。大忙しの夏に新ユニット結成の冬。元旦から大晦日までお仕事お仕事お仕事の多忙な1年でした。

 

 そして迎えた2016年。1月は天才Geniusとして少クラでもパフォーマンスを披露し、「勝利&健人 with ジャニーズJr.」としてMステにも出演。2月は中山優馬くんのラジオ「中山優馬 RADIO CATCH」内の「ジャニーズJr.ゼミナール」に松村北斗くんと一緒に出演。3月には「ゴゴスマ 〜GOGO!Smile!〜」内の「ちょっと気の早い 明日の運勢ランキング」のラッキーアイテムJr.に登場。4月は中山優馬くんやSexy ZoneのバックについてTVにも出演。そして5月。天才Geniusとして初の単独公演「ジャニーズ銀座2016」D公演に出演。初めて自らが主体となってコンサートを行った。計3公演。これに伴い、天才Geniusとして初の公式グッズである集合クリアファイルがクリエにて発売。さらにジャニーズショップにて個人の公式写真が発売された。個人5枚。7月は「PON!」内の「今日のおとなりJr」に登場。さらに「Johnny's Mr.KING SUMMER STATION」に出演。平野紫耀(Mr.KING)・Prince・松松らと共に、天才Geniusとしてメインキャストで出演した。計22公演。これに伴い、天才Geniusとして2度⽬の公式グッズである集合クリアファイルがEXシアターにて発売。8月は「SummerParadise2016」内の佐藤勝利のソロコンサート「佐藤勝利Summer Live 2016」にバックとして出演。計8公演。12月は「JOHNNY'S ALL STARS IsLAND」に出演。計73公演。これに伴い、初の個人オリジナルフォトセットが帝劇にて発売。はじめは天才Geniusとして出演情報が出されたが、初日の公演に村木亮太くんの姿はなく、雑誌や少クラにもユニット名の記載がなくなってしまい天才Geniusは事実上の自然消滅となった。ユニットが本格的に始動し、初めての単独公演も行い飛躍的に進化した1年になったと共に、変化も目まぐるしくハイスピードで駆け抜けていった1年でした。

 

天才Geniusについてはこちらに詳しくまとめてありますのでよかったらどうぞ!

天才Geniusの軌跡 - パンダリロン

3人の天才とクリエ - パンダリロン

 

 2017年。1月は引き続き「JOHNNY'S ALL STARS IsLAND」に出演。2月は「東SixTONES×⻄関⻄ジャニーズJr. SHOW合戦」に出演。計16公演。3月は「Sexy Zone presents Sexy Tour 2017 〜 STAGE」にバックとして出演。計18公演。天才Geniusというユニ名は無くなってしまったが、村木亮太くんが復活して初めて天才Geniusの3人が揃った公演となった。4月は「ジャニーズ大運動会2017」に出演。8月は「Summer Paradise 2017」内の松島聡/マリウス葉のコンサート「So What? Yolo!」にバックとして出演。計8公演。9月は「JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND」に出演。計37公演。姿を一時消していた村木亮太くんとまた一緒に活動するようになり、前年に比べて公演数は少ないながらもたくさんの幸せをファンにくれた1年でした。

 

 2018年。2月末、7 MEN 侍結成。3月は「ジャニーズJr.祭り2018」のオーラスに登場。5月は「ジャニーズ銀座2018」C公演にバックとして出演。計14公演。初日9日の夜公演にて7 MEN 侍の単独追加公演が決定したことを発表。そして24日に7 MEN 侍として初めての単独公演『ジャニーズ銀座2018「7 MEN 侍」やったぜ!追加公演!!』に出演。「月刊ザテレビジョン 7月号」にも掲載された。6月は「STAGE navi Vol.22」に掲載された。7月は「ザテレビジョンZoom!! Vol.33」に掲載され、「サマステジャニーズJr.2018」の「HiHi Jets編」公演に出演。計10公演。8月は「King & Prince First Concert Tour 2018」のバックに出演。計17公演(宮城2公演除く)。9月は「DREAM BOYS」に出演。計34公演。これに伴い、初の個人ステージフォトが帝劇にて発売。第1弾、第2弾の計2枚。さらにジャニーズショップにて公式写真が発売。個人6枚、混合7枚の計13枚。12月は「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」に出演。計72公演。これに伴い、個人のオリジナルフォトセットと、7 MEN 侍として初めての公式グッズ(フォトアルバム)が帝劇にて発売。さらにジャニーズショップにて公式写真が発売。個人2枚、集合2枚、混合7枚の計11枚。唯一無二のシンメ、村木亮太くんの退所。そして新ユニット“7 MEN 侍”の結成。出会いと別れのなかで新たなスタートを切った1年でした。7 MEN 侍の結成から今までに渡る備忘録も随時更新しておりますので、よかったらどうぞ!

7 MEN 侍の備忘録 - パンダリロン

 

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。ドル誌少クラWSなどを除いた、本髙くんの主なお仕事とこれまでを振り返ってみました。一個人調べのまとめになりますので、ご参考までに留めていただければと思います。

 

 

 本髙くんは今年でジャニーズ事務所に入所して6周年。7年目もたくさんの幸せを届けてくれた本髙くんのこれからの活躍が楽しみです!本髙くんの夢が叶いますように。

 

 

2018年12月現在の情報 (最終更新 2018/12/6)

ミスや抜け漏れ等あれば修正しますので、コメントにてご指摘いただけますと幸いです。

 

BREAK OUT

 

「DREAM BOYS」

通称・ドリボ。2004年から続く恒例の舞台が2年ぶりに復活。先輩から後輩へと受け継がれてきた舞台がさらなる進化を遂げて新たな歴史を刻む。

 

 

 

と、そんな歴史ある大舞台に自担が出演するときがきた。セリフがある初めての大舞台。

 

パンフを開くと各々かっこよく並び立つ7 MEN 侍の姿があった。「この舞台が終わる頃には、階段を1段上れているような気がします。」と心のやわこいところをくすぐる様な、少し気を抜けばぽろっと涙が溢れてきてしまいそうなことをいう自担の姿があった。

 

もうすぐ初演から1ヶ月、ドリームランドも終わりが近づいている。

 

最近のレポをみるとちらほらと彼らの成長が伺える言葉があった。よく観て形から入り本質を知る。素直さからくるその吸収力と適応能力の高さも強さのひとつなのだろう。

 

舞台を通してものすごいスピードで成長している彼らをみると、この舞台を終えた1ヶ月後どれほど化けているだろうかとその未知数の可能性に思わずわくわくしてしまう。

 

端役ではない初めての大舞台、自分たちで掴んだ大舞台、自分たちの武器を持って乗り込んだ大舞台、ユニット名に恥じぬパフォーマンスをすると6人と1人で互いに切磋琢磨しあった大舞台。

 

目で、声色で、指先で、佇まいで、自らの全てをかけて「DREAM BOYS」を表現する彼らの気迫はこれまでの一切を昇華するような凄まじいものがあった。

 

 

ユニットが出来てから約半年。あれよあれよとクリエが決まり、サマステが決まり、キンプリのメインバックが決まり、そしてドリボが決まった。少クラにも毎回出演し、7 MEN 侍としてパフォーマンスもさせてもらった。

 

目まぐるしく変化する日々の中で、些細なきっかけから過去を振り返ってしまう自分がいた。こういうとき、なにかと失った物ばかり数えてしまう。今この文字を打っている瞬間も、ふっと過る1人の男の子の顔。たぶんこの先もずっと忘れられないんだろうな。

 


過去を無きものになどできないし、皆その上に立って生きている。生きてみせている。彼らは常に今置かれている場所から前を見ていた。「無所属で頑張り続けてきた」というのがいつか大きな財産になるだろう。

 

7 MEN 侍を知る人こそ今はまだ少ないが、いずれ必ずこの舞台に懸けた彼らの努力が熱量が彼らの糧になる日が来るだろう。次の時代は侍時代、下剋上を成し遂げんとする彼らを私はこれからも応援する。

 

 

幕が上がる 

 

彼らは今日も帝劇の大舞台で

夢のかけらを磨いている

 

 

おわり

7 MEN 侍の備忘録

 

 ジャニーズJr.の五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、菅田琳寧、中村嶺亜、前田航気、本髙克樹からなる新ユニット「7 MEN 侍」が結成に至るまでの経緯とその後の軌跡を時系列にしてまとめました。

 結成から8ヶ月、前田航気くんの退所に伴い一時的に7 MEN 侍は五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、菅田琳寧、中村嶺亜、本髙克樹の6人で活動。その後11月12日の少年収にて、矢花黎くんの加入が確定し、現・7 MEN 侍のメンバーは五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、菅田琳寧、中村嶺亜、本髙克樹、矢花黎の7人。

*すべて名前は敬称略・あいうえお順になります

 

f:id:rktk-126:20190127161211j:image

7 MEN 侍 〈セブン メン サムライ〉

結成日 : 2018年2月26日

f:id:rktk-126:20190127161258j:image

ISLAND TV 7 MEN 侍公式プロフィール

7 MEN 侍 プロフィール | ISLAND TV

 

 

【メンバー】

f:id:rktk-126:20190127161331j:image

五十嵐玲央

Reo Igarashi

生年月日:2001年3月13日 [18歳]

出身:埼玉県

血液型:O型

身長:173cm

体重:53kg

趣味:映画鑑賞、パソコンをいじること。犬の散歩。

特技:和太鼓、アクロバット(まだ練習中)

将来の夢:すべてのパフォーマンスにおいてパーフェクトな見せ方をする。

あこがれの先輩:マリウス葉くん

メンバーカラー:オレンジ

五十嵐玲央 プロフィール | ISLAND TV

 

 

f:id:rktk-126:20190127161348j:image

今野大輝

Taiki Konno
生年月日:1999年11月24日 [19歳]
出身:神奈川県
血液型:A型
身長:170cm
体重:46kg
趣味:ギターをすること、写真をとる

特技:歌、ギター

将来の夢:誰もが認める人になりたい

あこがれの先輩:木村拓哉さん

メンバーカラー:ピンク

今野大輝 プロフィール | ISLAND TV

 

 

f:id:rktk-126:20190127161422j:image

佐々木大光

Taiko Sasaki
生年月日:2002年5月20日 [16歳]
出身:東京都
血液型:B型

身長:175cm
体重:58kg
趣味:人間観察
特技:ドラム、ダンス

将来の夢:みなさんに笑顔を届けること
あこがれの先輩:髙橋海斗くん
メンバーカラー:紫

佐々木大光 プロフィール | ISLAND TV

 

 

f:id:rktk-126:20190127161446j:image

菅田琳寧

Rinne Sugeta
生年月日:1998年5月12日 [20歳]
出身:神奈川県
血液型:B型
身長:168cm
体重:58kg

趣味:運動、映画鑑賞
特技:アクロバット、Sax

将来の夢:TVをみたら菅田琳寧がいるくらい必要な存在になりたいです。
あこがれの先輩:山田涼介くん
メンバーカラー:赤

菅田琳寧 プロフィール | ISLAND TV

 

 

f:id:rktk-126:20190127161500j:image

中村嶺亜

Reia Nakamura
生年月日:1997年4月2日 [21歳]
出身:東京都
血液型:A型
身長:166.5cm
体重:50kg

趣味:油絵
特技:スケボー、スノボー、ベース

将来の夢:スター☆
あこがれの先輩:手越祐也くん、菊池風磨くん
メンバーカラー:黄色

中村嶺亜 プロフィール | ISLAND TV

 

 

前田航気

Koki Maeda
生年月日:1998年10月26日 [20歳]
出身:神奈川県
血液型:A型
身長:173cm
体重:58kg
趣味:ダンス、ラップ

特技:小1から小6まで習ってた少林寺拳法
あこがれの先輩:相葉雅紀くん
メンバーカラー:青

*旧7 MEN 侍メンバー

 

 

f:id:rktk-126:20190127161528j:image

本髙克樹

Katsuki Motodaka

生年月日:1998年12月6日 [20歳]
出身:東京都 (埼玉県)
血液型:O型
身長:170cm
体重:56kg
趣味:釣り、料理
特技:数学、ピアノ

将来の夢:人に尊敬されるくらいの人になること
あこがれの先輩:中島健人くん
メンバーカラー:緑

本髙克樹 プロフィール | ISLAND TV

 

 

f:id:rktk-126:20190127161540j:image

矢花黎

Rei Yabana

生年月日:2000年8月10日 [18歳]

出身:東京都

血液型:A型

身長:172cm

体重:46kg

趣味:音楽を聴くこと

特技:ベース、ギター、ドラム

将来の夢:「大人」になる。

あこがれの先輩:-

メンバーカラー:-

*新7 MEN 侍メンバー

矢花黎 プロフィール | ISLAND TV

 

 

 



 

【7 MEN 侍とは?】

f:id:rktk-126:20190202003025j:image

2018年2月26日、「ジャニーズ銀座2018」に向けて結成された7人組ユニット。黒澤明監督の映画『七人の侍』がグループ名の由来になっているので、グループ名の読み方はセブン・メン・サムライとなり侍は濁らない。映画『七人の侍』の7人の侍のように1人1人が強くいろんな個性を持った侍で、歌とダンスのほかにも、スケボーとバンドの二刀流の武器を持つ。

 

 

【結成までの経緯】

f:id:rktk-126:20181010165745p:image

 バックで一緒に活動するうちに、いろいろなグループに所属したり無所属で活動していた7人が集結。スケボーを核としつつ楽器ができるメンバーとして7人で活動することが多くなっていた。

 ある時、琳寧と嶺亜がジャニーさんと話していたときに「YOUたち7人なの?」と聞かれた2人。「7人です!」と返すと、以前から「楽器が出来るグループを作りたい」と言っていたジャニーさんが名前をつけてくれることになり、嬉しくて喜んでいたら突然「サムライ〜‼︎」と呼ばれたそう。「えっ?何?」と琳寧と嶺亜が戸惑っていたところ、ジャニーさんに「YOUたちは7MEN!7人のサムライってぱっと浮かんだ。YOUたち黒澤明監督を知ってる?」と言われたそう。

 その場にいたのは琳寧と嶺亜だけで、大光は近くにいたが「え?え?え?」と鼻をぴくぴくさせて驚いていたらしい。前田くんは舞台(「THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE」)に出演していたので、グループが出来たところに立ち会えず、本髙くんに至っては「俺は気づいたらグループができてて、気づいたらメンバーに入ってたので…」と話していた。
 そして、この時は「7 MEN」というグループ名だったが、よく伝わらないし漢字があったほうがパンチがあって強くて面白いということで、ぎりぎり公式発表前にジャニーさんが「侍」を足してくれたそう。雑誌では、嶺亜がいろんなグループにいたメンバーやずっと無所属で頑張ってきたメンバーなど、それぞれが努力していた中で作られたグループであることが強みであり、バックで一緒になるうちに意気投合してグループになっていったからこそ、これまで経験したグループよりも、自分たちで作ったという感覚が大きいと語っていた。

 7 MEN 侍結成のきっかけは2020年に東京で開催予定の東京五輪。スケボーが新種目になったと聞いて、嶺亜と琳寧の2人がジャニーさんに直談判したのが全ての始まり。

 また、前田の退所により一時期6人で活動していた7 MEN 侍は11月に矢花を迎える形で再び7人に。ジャニーさんが「何でもできるから矢花を入れよう」と推薦したそう。

 

 

 

 

【サムライゴト】

2018/02/25 関西ジャニーズJr. 出演 少年収(スタジオ別撮り)
◇五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、中村嶺亜、本髙克樹の5人が登場「Mistake!!」「LIGHT IN YOUR HEART」の2曲を披露

 

2018/03/05 情報局メール
◇「ジャニーズ銀座2018」の公演日程詳細決定メール出演欄にHi Hi Jets、東京B少年とともにジャニーズJr.のさらなるNEWスター「7 MEN 侍」として初めて 7 MEN 侍のユニット名が記載される

 

 

2018/03/07 TVガイド 2018年3月16日号
◇2/25に行われた別撮り少年収の写真が掲載される (五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、中村嶺亜、本髙克樹)

 

2018/03/07 前半誌発売
◇WiNK UP4月号 今野大輝の近況で現・7 MEN 侍のメンバー(五十嵐玲央、佐々木大光、菅田琳寧、中村嶺亜、前田航気、本髙克樹)プラス和田優希とバンドの練習をしているという話が掲載される

 

2018/03/12 少年収
高橋優斗 那須雄登の「TAKE ME HIGHER」バックに7 MEN 侍が初登場 スケボー披露 7 MEN 侍としての紹介無し
【7 MEN 侍結成後 初お披露目】

 

2018/03/27 ジャニーズJr.祭り2018 オーラス
◇7 MEN 侍見学 リアデラ終わりでHi B DREAMが始まり、Hi Hi Jets 東京B少年とともに7 MEN 侍がセンステに登場 スケボー披露 7 MEN 侍としての紹介無し
(MCにてクリエのリハ後に見学に来たとの発言があった為、この時点で3/5の局メに表記のあった7 MEN 侍が五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、菅田琳寧、中村嶺亜、前田航気、本髙克樹の7人であることがほぼ確定)

 

2018/04/01 duet 5月号目次
◇目次のJr.BANG HYPER欄にて7 MEN 侍表記有

 

2018/04/02 POTATO5月号表紙
◇表紙の“ジャニーズ銀座2018 レッスンに潜入”
Hi Hi Jets、東京B少年とともに7 MEN 侍の表記有

 

2018/04/07 前半誌発売
◇duet5月号、WiNK UP5月号、POTATO5月号に7 MEN 侍として初掲載
【新たに結成されたユニット・7 MEN 侍のメンバーが五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、菅田琳寧、中村嶺亜、前田航気、本髙克樹の7人であるとドル誌にて公式発表】

 

2018/04/11 Sexy Zone冠番組
◇24:09〜25:04 日本テレビ系「Sexy Zoneのたった3日間で人生は変わるのか⁉︎」中島健人くんのバク転挑戦スタジオ披露コーナーにて菅田琳寧が登場 名前テロップの下に7 MEN 侍表記有

 

2018/04/13 少クラ
高橋優斗 那須雄登の「TAKE ME HIGHER」バックに7 MEN 侍が登場 紹介、7 MEN 侍の表記無し 各個人の名前テロップ有(3/12収録分放送)
【7 MEN 侍結成公式発表後 初お披露目】

 

2018/04/16 少年収
◇Hi Hi Jetsの「Welcome To My Home Town」バックに7 MEN 侍が登場 紹介無し

 

2018/04/23 Myojo6月号発売
◇『Jr.☆STARS☆CAMP』に7 MEN 侍としてMyojo初掲載

 

2018/04/24 THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE Re FEVER 再演決定発表
◇前田航気出演ライブエンターテイメント「DISCOTHEQUE」の再演決定公式ツイートにて前田航気の名前の下に7 MEN 侍の表記有

 

2018/04/29 ジャニーズ銀座2018 A公演初日
◇クリエA公演(Hi Hi Jets 東京B少年)初日 バックに7 MEN 侍の出演無し

 

2018/05/07 前半誌発売
◇duet6月号、WiNK UP6月号、POTATO6月号に7 MEN 侍として掲載


2018/05/08 ジャニーズ銀座2018 B公演初日
◇クリエB公演(東京B少年単独)初日 バックに7 MEN 侍の出演無し

 

【2018/05/09 ジャニーズ銀座2018 C公演初日】
◇クリエC公演(Hi Hi Jets単独)初日 バックに7 MEN 侍出演 7 MEN 侍として紹介後、「TAKE ME HIGHER」「GIMME LUV」〜MC後、「Mistake!!」「LIGHT IN YOUR HEART」の全4曲を披露

 

2018/05/09 ジャニーズ銀座2018 C公演初日夜
◇クリエC公演初日の夜公演にて 5/24(木)18:00〜 7 MEN 侍が単独で追加公演を行うことを発表

 

2018/05/09 情報局会員動画 #24 配信
◇7 MEN 侍の自己紹介 追加公演決定のお知らせ
7 MEN 侍+ジャニーズJr. (ヴァサ渉/北川/元木/織山/内村/豊田/黒田/皇輝/ラウール/青木/安嶋/檜山/久保田/平塚/浩大/和田/蓮音/松尾) がパフォーマンスを披露

 

2018/05/10 情報局メール
◇局メにて『ジャニーズ銀座2018「7 MEN 侍」やったぜ!追加公演!!』のお知らせ 詳細発表+申し込み受付開始

 

2018/05/11 少クラ
◇Hi Hi Jetsの「Welcome To My Home Town」バックに7 MEN 侍が登場 紹介、7 MEN 侍の表記、各個人の名前テロップ無し(4/16収録分放送)

◇「LIGHT IN YOUR HEART」を五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、中村嶺亜、本髙克樹の5人が披露 各個人の名前テロップ有(スタジオ別撮り2/25収録分放送)

 

2018/05/18 読売中高生新聞18日号発売

◇読売中高生新聞18日号の「ウラ撮り」にジャニーズJr.の新ユニット「7 MEN 侍」として登場、映画「友罪」に主演した生田斗真さんと対談

 

2018/05/23 EX発表  Myojo7月号発売

◇局メにて7/28〜8/2にかけて7 MEN 侍が「サマステジャニーズJr.2018」の「HiHi Jets編」に出演することを発表
◇『Jr.☆STARS☆CAMP』に7 MEN 侍として掲載

 

2018/05/24 月刊ザテレビジョン 7月号発売

◇7 MEN 侍として初のテレビ誌掲載、全4ページ
*首都圏版、関西版、中部版は5/24、広島・岡山・香川版は5/25、北海道版、福岡・佐賀版は5/26発売

 

【2018/05/24 18:00〜 7 MEN 侍 初単独公演『ジャニーズ銀座2018「7 MEN 侍」やったぜ!追加公演!!』】

 

 

2018/6/8 少クラ 
◇「Mistake!!」を五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、中村嶺亜、本髙克樹の5人が披露 各個人の名前テロップ有(スタジオ別撮り2/25収録分放送)
◇「花に想いを」「愛、テキサス」「One Love」「Cha-Cha-Chaチャンピオン」のメインバックに7 MEN 侍が登場 

 

2018/06/18 ジュニア情報局会員動画#29 更新
◇『ジャニーズ銀座2018』
7 MEN 侍編
※7MEN侍単独公演ダイジェスト

 

2018/6/22 ポポロ 8月号発売

◇7 MEN 侍としてポポロ初掲載

 

2018/6/27 STAGE navi Vol.22 発売

◇7 MEN 侍として特写&座談会、個別インタビュー掲載 初のピンナップ付 

◇各メンバーソロページ有、全12ページ

 

2018/06/29 少クラ生放送

◇少クラ生放送で「TAKE ME HIGHER」披露、7 MEN 侍テロップ有、OP、EDバック登場

 

2018/07/02 ザテレビジョンZoom!! Vol.33 発売
◇ジャニーズJr.夏の運動会  7MEN侍

◇全4ページ

 

2018/07/06 少クラ

◇OPバックで「夏のかけら」を披露

◇Jr.にQ「夏に食べたい ○○!」に佐々木大光くんが登場
 

 

2018/07/13 少クラ

河合郁人くんのコーナーで7 MEN 侍が気になるユニットとして紹介され、ユニットとして初めての座りトーク(トーク内容:それぞれの簡単な自己紹介、ユニットの特徴、目指している先輩グループ、ユニット名の由来など)

◇OPバックで「サマー・ステーション」、7 MEN 侍で「SAMURAI」、SixTONESジェシーくんのバックで「STAND BY ME」、King & Princeの髙橋海斗くんのバックで「サワレナイ」、Snow Manのバックで「PSYCHO」、EDバックで「Ho! サマー」を披露

◇Jr.にQ 「夏に食べたい ○○!」に中村嶺亜くんが登場 

 

【2018/07/28 「サマステジャニーズJr.2018」「HiHi Jets編」公演開始 (〜08/02) 】

 

2018/08/03 少クラ

◇OPバックで「VACATION」、7 MEN 侍で「FLASH BACK」、SixTONESジェシーくんのバックで「(I CAN'T GET NO)SATISFACTION」、「JUMPIN' JACK FLASH」を披露

SixTONESの曲フリを中村嶺亜くんと菅田琳寧くんが担当、椅子トーク有り

 

2018/08/10 少クラ

◇OPで「BANG! BANG! バカンス!」、7 MEN 侍で「BREAK OUT」を披露

◇Jr.にQ 「○○くんのココが変わった!」に佐々木大光くんが登場

 

【2018/8/10 「King & Prince First Concert Tour 2018」公演開始 (〜09/22) 】

 

2018/08/23 Myojo 10月号発売

◇Myojo 10月号 ジャニーズJr.データカードの中のグループカードの表記から、7 MEN 侍の結成日が2018年2月26日 であることがわかった

 

【2018/09/06 「DREAM BOYS」公演開始 (〜9/30) 】

◇初日当日の朝、帝劇前の柱に「THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE Re-FEVER」に出演・公演中の前田航気くん以外の6人(五十嵐玲央 今野大輝 佐々木大光 菅田琳寧 中村嶺亜 本髙克樹)の写真が掲載→出演確定

◇7 MEN 侍としてパンフレットに名前と写真が掲載 

 

2018/09/07 少クラ

◇OPで「Silver Moon」、東山紀之 presents スペシャルステージで「君に薔薇薔薇…という感じ」、7 MEN 侍で「LIGHT IN YOUR HEART」を披露

◇OPで7 MEN 侍の紹介あり

◇‪Jr.にQ「ボクのこの夏の思い出」‬に五十嵐玲央くんが登場

 

2018/09/13 新写真発売

◇公演中(〜9/30)の「DREAM BOYS」のオフショットがジャニーズショップにて発売

◇個人各6枚、混合17枚 (帝劇柱ビジュ)

 

2018/09/14 少クラ

◇Hi Hi Jets+7 MEN 侍で「アイノビート -Rock ver.- 」、大西流星くんのバックで本髙克樹くんと五十嵐玲央くんが「Love Criminal」、道枝駿佑くん高橋恭平くん長尾謙社くんのバックで中村嶺亜くんと今野大輝くんと佐々木大光くんが「Stay Gold」、「Dial Up」、山下智久くんのバックで「SUMMER NUDE '13」を披露

 

2018/09/15 ドリボ 第1弾ステフォ発売開始

◇公演中(〜9/30)の「DREAM BOYS」のステージフォト第1弾が帝国劇場にて発売開始

◇個人各1枚 

 

2018/09/17 MステSP

東山紀之・King & Prince・ジャニーズJr.として「JOHNNY'S mini IsLAND」を披露

◇7 MEN 侍のうち、前田航気くんを除く6人がバックとして出演

 

2018/09/18 舞台「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」出演決定

◇King & Prince ファンクラブ会員限定 情報メール・ジャニーズジュニア情報局メール伝言板9月18日号にて、舞台「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」への出演が決定

◇日程[東京]帝国劇場
 12月6日(木)~2019年1月27日(日)

 

2018/09/19 スポーツ報知

◇前日に出演が決定した舞台「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」の記事の中で出演グループ一覧として7 MEN 侍のユニット名と全員の集合写真が掲載

 

2018/09/22 ドリボ 第2弾ステフォ発売開始
◇公演中(〜9/30)の「DREAM BOYS」のステージフォト第2弾が帝国劇場にて発売開始
◇個人各1枚

 

2018/10/05 少クラ

◇OPメドレーで「Crazy Rainbow」、7 MEN 侍で「Break Out!」を披露

 

2018/10/07 えび座

日生劇場で本日より上演開始の舞台、ABC座「ジャニーズ伝説2018」の緞帳に従来から記載されていたデビュー組だけでなく、ジャニーズJr.のユニット名が記載され、7 MEN 侍の名前も記載された

 

2018/10/12 少クラ

◇OPバックで「カラフルEyes」、7 MEN 侍で「GIMME LUV」を披露

古今東西!ジャンピングバトルのお手伝いで五十嵐玲央くんと今野大輝くんと佐々木大光くんと前田航気くんが出演

◇Hi Hi Jetsの「baby gone」の曲フリで菅田琳寧くんと中村嶺亜くんが出演

◇ジュニアにQ「これがないと落ち着かない!」に今野大輝くんが登場

 

2018/10/15 別冊ジャニーズJr. 『D;J+.』2018 発売

◇見開き全員で2ページ、嶺亜以外の6人で2ページ、嶺亜のソロカットで1ページ、テキスト1ページの計6ページ

 

2018/11/02 少クラ 

◇Hi Hi Jets・7 MEN 侍で「AAO」、東山紀之 presents スペシャルステージで「MUSIC FOR THE PEOPLE」を披露

◇OP挨拶で7 MEN 侍の紹介有

Snow Manの曲フリで菅田琳寧くんと中村嶺亜くんが出演

◇ジュニアにQ「○○への想い!!」に中村嶺亜くんが登場

 

2018/11/02 局動画#29消去

◇2018/06/18に配信されたジュニア情報局会員動画 #29『ジャニーズ銀座2018』7 MEN 侍編 ※7MEN侍単独公演ダイジェストが突然消去された

◇なお、2018/05/09に配信されたジュニア情報局会員動画 #24 (7 MEN 侍の自己紹介 追加公演決定のお知らせ) は消去されていない

 

2018/11/04 局動画#24消去

◇2018/05/09に配信されたジュニア情報局会員動画 #24 (7 MEN 侍の自己紹介 追加公演決定のお知らせ) が消去された

 

2018/11/09 少クラ

◇7 MEN 侍で「キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜」を披露

◇Hi Hi Jetsの曲フリで中村嶺亜くんと佐々木大光くんが出演、椅子フリートーク

◇ジュニアにQ「○○への想い!!」に五十嵐玲央くんが登場

 

2018/11/12  少年収

◇7 MEN 侍に矢花黎くん加入確定

◇Hi Hi Jetsのバックで「Beast」、Hi Hi Jets東京B少年のバックで「みなみなサマー」、佐藤アツヒロさんのバックで「荒野のメガロポリス」(スケボー)までは6人の7 MEN 侍で披露

◇「SAMURAI」、「Why?」、12月ED「シンデレラガール」を矢花黎くんinの7人の7 MEN 侍で披露

 

2018/11/16 映画『少年たち』出演決定

◇製作総指揮 ジャニー喜多川で舞台「少年たち」が初の映画化、映画化決定の発表に伴い公式サイトにて7 MEN 侍の出演も発表された(メンバーの個人名は中村嶺亜くんのみ記名有)

◇『映画 少年たち』
2019年3月29日(金)全国ロードショー

公式サイト( 『映画 少年たち』| 2019年3月29日(金)全国ロードショー )

J Storm OFFICIAL SITE( 舞台「少年たち」初映画化決定! | J Storm OFFICIAL SITE )

 

2018/11/22 舞台「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」ポスター更新  Myojo 1月号発売

◇12/6(木)から始まる舞台「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」のポスターが全日程即日完売御礼名目で更新

◇矢花黎くん加入後初めて公式で7 MEN 侍として集合写真が掲載された(キンプリツアバ新衣装着用)

◇Myojo1月号から矢花黎くんが7 MEN 侍として登場

 

2018/11/24 月刊TVガイド1月号発売

◇センターBOOK in BOOK

表紙、裏表紙の裏表の全ユニ集合+ユニットページが3ページの計6ページ

 

2018/11/28 TVガイド 12月7日号発売 クリスマスメッセージ公開 中高生新聞連載決定

[テレガイ]

◇TVガイドリニューアル記念

◇Fresh Johnny's⑥ 2ページ

[クリスマスメッセージ]

◇Johnny's net にて『Christmas Message 2018』直筆メッセージ公開

https://www.johnnys-net.jp/page?id=christmasMessage&code=1ryx42ph&page=106

[中高生新聞]

◇「読売中高生新聞」でJr.が連載中の「ジャニーズJr.の小箱」の2018年12月連載分を中村嶺亜くんが担当することが決定
◇12/7(金)発売
◇定期購読の申し込み[読売中高生新聞お申し込みフォーム| 読売新聞ご購読案内

 

2018/11/29 舞台「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」グッズ情報公開

◇12/6(木)から始まる舞台「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」のグッズ情報が公開

◇7 MEN 侍として初めて公式グッズが発売されることが決定

◇フォトアルバム[¥800 (税込)]

◇個人のオリジナルフォトセット[¥800 (税込)]の発売も決定

 

2018/11/30 少クラ

◇Hi Hi Jetsのバックで「Beast」、佐藤アツヒロさんのバックで「荒野のメガロポリス」を披露

Travis Japanの曲フリで中村嶺亜くんと五十嵐玲央くんが出演

 

2018/12/01 局動画配信開始

◇ジャニーズジュニア情報局にて「7 MEN 侍からのクリスマスメッセージ」が配信開始

ジャニーズジュニア情報局

 

2018/12/05 TVガイド 12月14日号発売

◇1ページ

◇11/28発売のTVガイドし12月7日号のオフショット+未公開トーク

 

【2018/12/06 舞台「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」公演開始 (〜1/27) 】

 

2018/12/06 新写真発売

◇本日公演初日の舞台「「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」のオフショットがジャニーズショップにて発売

◇個人各2枚、集合2枚、混合22枚

 

2018/12/07 少クラ

◇OPバックで「サマー・ステーション」「みなみなサマー」、7 MEN 侍で「SAMURAI」「Why?」、EDバックで「シンデレラガール」を披露

◇ジュニアにQ「ヒットオブ2018」に菅田琳寧くんが登場

 

2018/12/12 TVガイド お正月特大号発売

◇ユニットページが見開き2ページ、全ユニット集合2ページ、「お正月!プロポーズ大作戦♡」4ページの計8ページ

 

2018/12/14 少クラ クリスマススペシャル2018  月刊TVガイド 新春超特大号発売

[少クラ]

◇OP 7 MEN 侍で「Jingle Bell Rock」、OPバックで「サンタが町にやってくる」、7 MEN 侍で「真冬のナガレボシ」、EDバックで「White Christmas」を披露

◇OP7 MEN 侍の紹介有

◇ジュニアにQ クリスマススペシャル「憧れのクリスマス」に佐々木大光くんが登場

◇「樹サンタの笑いのプレゼント」というコントコーナーで「クリスマスパーティー」(作 田中樹)というコントを披露

◇嶺亜本髙琳寧の兄組と今野五十嵐大光矢花の弟組に分かれて曲と企画の繋ぎ目にクリスマスメッセージ有

[テレガイ]

◇ユニットページが見開き2ページ、全ユニットの集合ページが2ページの計4ページ

[その他テレビ誌(Jr.名鑑)]

◇「月刊 TVnavi」2月号(Jr.名鑑のみ)
◇「月刊ザテレビジョン」2月号(Jr.名鑑のみ)

 

2018/12/17 ジャニアイ 第1弾ステフォ発売開始
◇公演中(〜1/27)の「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」のステージフォト第1弾が帝国劇場にて発売開始
◇個人各1枚

 

2018/12/26 TVガイド 新春特大号発売

◇ユニットページが見開き2ページ、ジャニアイレポページが4ページの計6ページ

 

2018/12/27 中高生新聞連載決定

◇「読売中高生新聞」でJr.が連載中の「ジャニーズJr.の小箱」の2019年1月連載分を本髙克樹くんが担当することが決定

◇1/4(金)発売

◇定期購読の申し込み[読売中高生新聞お申し込みフォーム| 読売新聞ご購読案内  ]

 

2018/12/31 第69回NHK紅白歌合戦出演

◇初登場のKing & Princeが『シンデレラガール』を披露

◇2度目のサビで、HiHi Jets、Sexy美少年、5忍者らジャニーズJr.と共に7 MEN 侍も2階客席通路に登場し、会場一体となるダンスを披露

 

2019/01/01 ジャニアイ 第2弾ステフォ発売開始 ニューイヤーメッセージ公開

[ステフォ]
◇公演中(〜1/27)の「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」のステージフォト第2弾が帝国劇場にて発売開始
◇個人各1枚

[ニューイヤーメッセージ]

◇ジャニーズジュニア情報局にて「7 MEN 侍からのニューイヤーメッセージ」が配信開始

ジャニーズジュニア情報局

◇Johnny's net にて『New Year Message 2019』直筆メッセージ公開

https://www.johnnys-net.jp/page?id=newyearMessage&code=hf9q6pxo&page=106

 

2019/01/04 少クラ

◇OPバックで「In  your life」を披露

◇ゲームコーナーのお手伝いに本髙克樹くんと菅田琳寧くんが登場

◇ジュニアにQ「これってヘンですか?!」に中村嶺亜くんが登場

 

2019/01/11 少クラ

◇7 MEN 侍のダンスメドレーとして、中村嶺亜くん今野大輝くん矢花黎くんで「Crazy about you」、本髙克樹くん菅田琳寧くんで「Mission」、7 MEN 侍で「Dinga」を披露

◇少クラNEWS の「ジャニーズKing & Princeアイランド」舞台レポートに7 MEN 侍が出演するシーンの映像有り

 

2019/01/12 TVガイドplus vol.33発売

◇ユニットページが見開き2ページ

◇「TVガイド」お正月特大号(12/12発売)と「TVガイド」新春特大号(12/26発売)のオフショットと未公開トーク掲載

 

2019/01/14 ジャニアイ 第3弾ステフォ発売開始
◇公演中(〜1/27)の「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」のステージフォト第3弾が帝国劇場にて発売開始
◇個人各1枚

 

2019/1/23 中高生新聞連載決定 TVガイド 2月1日号発売

[中高生新聞]
◇「読売中高生新聞」でJr.が連載中の「ジャニーズJr.の小箱」の2019年2月連載分を菅田琳寧くんが担当することが決定
◇2/1(金)発売
◇定期購読の申し込み[読売中高生新聞お申し込みフォーム| 読売新聞ご購読案内

[テレガイ]

◇ジャニーズJr.ビジュアル名鑑

◇ユニットページが1/2ページ、ジャニーズ名言集(2ページ)に中村嶺亜くん本髙克樹くん菅田琳寧くん佐々木大光くんが登場

 

2019/01/24 月刊TVガイド3月号発売

◇ジャニーズJr.BOOK

◇クリスマス号&新春特大号に登場したジャニーズJr.のグラビアメイキング集

◇ジャニーズJr.BOOK表紙が1ページ、ユニットページが2ページ、ハグショットページが3ページ、ジャニアイレポが1ページ、ジャニーズLIVE&STAGE2018-2019悶絶!2ショット集に本髙克樹くん&中村嶺亜くん、菅田琳寧くん&佐々木大光くんが1ページずつの計9ページ

 

2019/01/27 「ジャニーズ銀座2019 Tokyo Experience」出演決定

◇ジャニーズジュニア情報局メール伝言板○1月27日号にて、「ジャニーズ銀座2019 Tokyo Experience」への出演が決定

◇日程[東京]シアタークリエ
  4月28日(日)~6月2日(日)

◇公式HP[シアタークリエ『ジャニーズ銀座2019』

 

2019/02/01 少クラ

◇EDバックで「Oh My Girl」を披露

◇ジュニアにQ「理想のチョコのもらい方」に佐々木大光くんが登場

 

2019/02/04 「JOHNNYS' Experience」出演決定

◇ジャニーズジュニア情報局メール伝言板○2月4日号にて、「JOHNNYS' Experience」への出演が決定

◇日程[東京]TOKYO DOME CITY HALL
  3月6日(水)~8日(金)

 

2019/02/08 少クラ

◇7 MEN 侍で「SAMURAI」、EDバックで「Glass Flower」を披露
◇ジュニアにQ「理想のチョコのもらい方」に中村嶺亜くんが登場

 

2019/02/20 中高生新聞連載決定
◇「読売中高生新聞」でJr.が連載中の「ジャニーズJr.の小箱」の2019年月連載分を今野大輝くんが担当することが決定
◇3/1(金)発売
◇定期購読の申し込み[読売中高生新聞お申し込みフォーム| 読売新聞ご購読案内

 

2019/02/22 ジャニーズJr.公式エンタメサイト「ISLAND TV」決定

ジャニーズ事務所がコンサートの生配信に乗り出すことを発表

◇7 MEN 侍のアーティスト写真公開

◇第一弾として配信されるのは「SixTONES」など3グループ全15公演中の3公演で、1公演500円(税込) 海外からも視聴可能

◇ISLAND TVには他にもメンバー自身が撮影した動画配信、公式Twitterなどの無料コンテンツも展開される

◇3/1公式ホームページ開設

 

【2019/02/26 祝7 MEN 侍結成1周年】

 

2019/03/01 ジャニーズJr.公式エンタメサイト「ISLAND TV」開設 少クラ

[ISLAND TV]

◇7 MEN 侍のアーティストページ、メンバー個人のプロフィールページ開設

◇7 MEN 侍のキャラクター誕生

 Samuちゃん (刀:まきゅーの)

f:id:rktk-126:20190305151059p:image

◇ISLAND TVの7 MEN 侍ページにて「7 MEN 侍のキャラクター誕生!」が配信開始

7MEN 侍のキャラクター誕生! | ISLAND TV

◇7 MEN 侍のアーティストページ

7 MEN 侍 プロフィール | ISLAND TV

◇メンバー個人のプロフィールページ

中村嶺亜中村嶺亜 プロフィール | ISLAND TV

菅田琳寧 [菅田琳寧 プロフィール | ISLAND TV

本髙克樹 [本髙克樹 プロフィール | ISLAND TV

佐々木大光 [佐々木大光 プロフィール | ISLAND TV

五十嵐玲央 [五十嵐玲央 プロフィール | ISLAND TV

今野大輝 [今野大輝 プロフィール | ISLAND TV

矢花黎 [矢花黎 プロフィール | ISLAND TV

[少クラ]

◇7 MEN 侍で「TAKE ME HIGHER」、「抱いてセニョリータ -2014 version- 」を披露

◇ジュニアにQ「ボクの忘れられない思い出」に本髙克樹くんが登場

 

2019/03/05 ISLAND  TV 動画配信

◇ISLAND  TVの7 MEN 侍ページにて『「Samuちゃん」誕生後』が配信開始

7 MEN 侍「Samuちゃん」誕生後 | ISLAND TV

 

【2019/03/06 JOHNNYS' Experience 公演開始 (〜3/8) 】

 

2019/03/08 ISLAND  TV 動画配信 まいジャニ出演決定 少クラ

[ISLAND  TV]

◇ISLAND  TVの7 MEN 侍ページにて「マキューノの使い方」、「楽屋」、「本番前の円陣@TOKYO DOME CITY HALL」が配信開始

◇「マキューノの使い方」

7 MEN 侍「マキューノの使い方」 | ISLAND TV

◇「楽屋」

7 MEN 侍「楽屋」 | ISLAND TV

◇「本番前の円陣@TOKYO DOME CITY HALL

本番前の円陣@TOKYO DOME CITY HALL | ISLAND TV

[まいジャニ]

◇BSフジの公式Twitterにて3月17日(日)の『まいど!ジャーニィ~』に7 MEN 侍がゲストとして登場することが発表された

◇「仲間」をテーマに帝国劇場「ジャニーズKing&Princeアイランド」の魅力を探る出張ロケ

◇『まいど!ジャーニィ~』#315
  3月17日(日) 9:30~9:55

公式HP[まいど!ジャーニィ~ - BSフジ

[少クラ]

◇Hi Hi Jetsのバックで「Beast」を披露

◇1本勝負!チーム対抗 ジェスチャー伝言バトルのお手伝いに本髙克樹くんと菅田琳寧くんが登場

 

2019/03/09 ISLAND  TV 動画配信

◇ISLAND  TVのHi Hi Jetsページにて「衣装紹介」が配信開始

◇配信された動画に7 MEN 侍の今野大輝くん、矢花黎くん、五十嵐玲央くん、佐々木大光くん(+菅田琳寧くん)の映り込みあり

HiHi Jets「衣装紹介」 | ISLAND TV

 

2019/03/10 まいジャニ予告 ISLAND  TV 動画配信

[まいジャニ予告]

◇8日に7 MEN 侍のゲスト出演が発表された『まいど!ジャーニィ~』の放送日

◇ジャニアイ紹介シーンと次週予告にて7 MEN 侍が登場

[ISLAND  TV]

◇ISLAND  TVの‪‪Jr.SPページにて「自己紹介」が配信開始

◇配信された動画に7 MEN 侍の今野大輝くん、矢花黎くん(+菅田琳寧くん、中村嶺亜くん)の映り込みあり

Jr.SP「自己紹介」 | ISLAND TV

 

2019/03/13 ISLAND  TV 動画配信

◇ISLAND  TVの‪‪今野大輝、松尾龍ページにて「髪セット」が配信開始

◇配信された動画に7 MEN 侍の五十嵐玲央くんの映り込みあり

◇その他、7 MEN 侍のメンバーと思われる声の収録あり

今野大輝、松尾龍「髪セット」 | ISLAND TV

 

2019/03/15 ISLAND  TV 動画配信

◇ISLAND  TVの矢花黎ページにて「魚の神」が配信開始

◇7 MEN 侍の本髙克樹くんの声、その他7 MEN 侍メンバーと思われる声の収録あり

矢花黎「魚の神」 | ISLAND TV

 

2019/03/16 ISLAND  TV 動画配信

◇ISLAND  TVの7 MEN 侍ページにて「恒例の挨拶」が配信開始

7 MEN 侍「恒例の挨拶」 | ISLAND TV

 

2019/03/17 ISLAND  TV 動画配信 YouTube 動画配信

[ISLAND  TV]

◇ISLAND  TVの7 MEN 侍ページにて「バースデーサプライズ」が配信開始

7 MEN 侍「バースデーサプライズ」 | ISLAND TV

YouTube

YouTubeのジャニーズJrチャンネル、Hi Hi Jetsページにて【裏側公開】JOHNNYS' Experienceの舞台ウラに密着!が配信開始

◇配信された動画に7 MEN 侍のメンバーの映り込みあり

HiHi Jets【裏側公開】JOHNNYS' Experienceの舞台ウラに密着! - YouTube

 

2019/03/22 ISLAND  TV 動画配信

◇ISLAND  TVの7 MEN 侍ページ、中村嶺亜 本髙克樹 矢花黎 林蓮音 松尾龍ページ、松尾龍 和田優希 林蓮音 五十嵐玲央 矢花黎ページにて「SixTONESライブ前」、「SixTONES開演3分前」、「SixTONESライブ前」が配信開始

◇7 MEN 侍「SixTONESライブ前」

7 MEN 侍「SixTONESライブ前」 | ISLAND TV

中村嶺亜、本髙克樹、矢花黎、林蓮音、松尾龍「SixTONES開演3分前」

中村嶺亜、本髙克樹、矢花黎、林蓮音、松尾龍「SixTONES開演3分前」 | ISLAND TV

◇松尾龍、和田優希、林蓮音、五十嵐玲央、矢花黎「SixTONESライブ前」

松尾龍、和田優希、林蓮音、五十嵐玲央、矢花黎「SixTONESライブ前」 | ISLAND TV

 

 

 

 

【掲載雑誌・パンフレット】

*少クラやコンサート等のレポ雑誌は除外しております。

  • 「duet」2018年5月号
  • 「WiNKUP」2018年5月号
  • 「POTATO」2018年5月号
  • 「Myojo」2018年6月号
  • 「duet」2018年6月号
  • 「WiNKUP」2018年6月号
  • 「POTATO」2018年6月号
  • 「読売中高生新聞」2018年5月18日号
  • 「Myojo」2018年7月号
  • 「月刊ザテレビジョン」2018年7月号
  • 「duet」2018年7月号
  • 「WiNKUP」2018年7月号
  • 「POTATO」2018年7月号
  • 「Myojo」2018年8月号
  • 「ポポロ」 2018年8月号
  • 「STAGE navi Vol.22」
  • ザテレビジョンZoom!! Vol.33」
  • 「duet」2018年8月号
  • 「WiNKUP」2018年8月号
  • 「POTATO」2018年8月号
  • 「Myojo」2018年9月号
  • 「duet」2018年9月号
  • 「WiNKUP」2018年9月号
  • 「POTATO」2018年9月号
  • 「Myojo」2018年10月号
  • 「duet」2018年10月号
  • 「WiNKUP」2018年10月号
  • 「POTATO」2018年10月号
  • 「Myojo」2018年11月号
  • 「duet」2018年11月号
  • 「WiNKUP」2018年11月号
  • 「POTATO」2018年11月号
  • 「別冊ジャニーズJr. 『D;J+.』2018」
  • 「Myojo」2018年12月号
  • 「duet」2018年12月号
  • 「WiNKUP」2018年12月号
  • 「POTATO」2018年12月号
  • 「Myojo」2018年1月号
  • 「月刊TVガイド」1月号
  • 「TVガイド」12月7日号
  • 「TVガイド」12月14日号
  • 「duet」2019年1月号
  • 「WiNKUP」2019年1月号
  • 「POTATO」2019年1月号
  • 「TVガイド」お正月特大号(12/12発売)
  • 「月刊TVガイド」新春超特大号(12/14発売)
  • 「月刊 TVnavi」2月号(Jr.名鑑のみ)
  • 「月刊ザテレビジョン」2月号(Jr.名鑑のみ)
  • 「Myojo」2019年2月号
  • 「TVガイド」新春特大号(12/26発売)
  • 「duet」2019年2月号
  • 「WiNKUP」2019年2月号
  • 「POTATO」2019年2月号
  • 「TVガイドplus vol.33」
  • 「Myojo」2019年3月号
  • 「TVガイド」2月1日号
  • 「月刊TVガイド」3月号
  • 「duet」2019年3月号
  • 「WiNKUP」2019年3月号
  • 「POTATO」2019年3月号
  • 「Myojo」2019年4月号
  • 「duet」2019年4月号
  • 「WiNKUP」2019年4月号
  • 「POTATO」2019年4月号

 

  • 「DREAM BOYS」公式パンフレット
  • 「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」公式パンフレット
  • ジャニーズJr. カレンダー BLUE 2019.4‐2020.3

 

 

 

【公式写真・公式グッズ】

  • 「DREAM BOYS」オフショット(個人各6枚、混合17枚)
  • 「DREAM BOYS」ステージフォト第1弾(個人 各1枚)
  • 「DREAM BOYS」ステージフォト第2弾(個人 各1枚)
  • 「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」オフショット(個人各2枚、集合2枚、混合22枚)
  • 「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」フォトアルバム
  • 「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」ステージフォト第1弾(個人 各1枚)
  • 「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」ステージフォト第2弾(個人 各1枚)
  • 「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」ステージフォト第3弾(個人 各1枚)

 

 

 

 

【コンサート・舞台】

  • 2018/4/29 - 6/3 「ジャニーズ銀座2018」見なきゃソン!ボクたちの作るジャニカルとスペシャルショータイム *C公演(Hi Hi Jets単独公演)出演
  • 2018/5/24 『ジャニーズ銀座2018「7 MEN 侍」やったぜ!追加公演!!』
  • 2018/7/28 - 8/2 「サマステジャニーズJr.2018」「HiHi Jets編」
  • 2018/8/10 - 9/22「King & Prince First Concert Tour 2018」(宮城2公演除く)
  • 2018/9/6 - 9/30 「DREAM BOYS」
  • 2018/12/6 - 2019/1/27 「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」
  • 2019/3/6 - 3/8 「JOHNNYS' Experience」

〈計 153公演〉

 

 

 

 

【少クラ】

  • 2018/04/13 #「TAKE ME HIGHER
  • 2018/05/11 #「Welcome To My Home Town」「LIGHT IN YOUR HEART」
  • 2018/06/08 #「Mistake!!」「花に想いを」「愛、テキサス」「One Love」「Cha-Cha-Chaチャンピオン」
  • 2018/06/29 #「TAKE ME HIGHER」OPED
  • 2018/07/06 #OP
  • 2018/07/13 #「SAMURAI」「STAND BY ME」「サワレナイ」「PSYCHO」OPED
  • 2018/08/03 #「FLASH BACK」「(I CAN'T GET NO)SATISFACTION」「JUMPIN' JACK FLASH」OP
  • 2018/08/10 #「BREAK OUT」OP
  • 2018/09/07 #「君に薔薇薔薇…という感じ」「LIGHT IN YOUR HEART」OP
  • 2018/09/14 #「アイノビート -Rock ver.- 」「Love Criminal」(本髙五十嵐)「Stay Gold」「Dial Up」(嶺亜今野大光)「SUMMER NUDE '13」
  • 2018/10/05 #「Break Out!」
  • 2018/10/12 #「GIMME LUV」OP
  • 2018/11/02 #「AAO」「MUSIC FOR THE PEOPLE
  • 2018/11/09 #「キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜」
  • 2018/11/30 #「Beast」「荒野のメガロポリス
  • 2018/12/07 #「SAMURAI」「Why?」OP ED
  • 2018/12/14 #「Jingle Bell Rock」「真冬のナガレボシ」OP ED コント
  • 2019/01/04 #「In  your life」(OP) 
  • 2019/01/11 #「Crazy about you」(嶺亜今野矢花)「Mission」(本髙琳寧)「Dinga」ジャニアイレポ
  • 2019/02/01 #「Oh My Girl」(ED)
  • 2019/02/08 #「SAMURAI」ED
  • 2019/03/01 #「TAKE ME HIGHER」「抱いてセニョリータ -2014 version- 」
  • 2019/03/18 #「Beast

 

 

 

【ISLAND  TV】

 

 

 

 

2019年3月現在の情報 (最終更新 2019/03/22)

ミスや抜け漏れ等がありましたら、コメントにてご指摘頂けると幸いです。

 

随時更新します!

 

さかさまワールド

 

気づけばアカウントを離れてから2週間が経っていて、家の隣に毎年咲く桜は春風に吹かれてすべて散ってしまった。

 

 

夢にまでみた自担が所属するユニットの結成、少クラでのメインパフォーマンス、3週間前の私だったら幸せすぎていつ出演するかもわからないクリエガチャを前にふわふわと浮き足立ってたことだろう。誰だって自担が新ユニットのメンバーに選ばれることは嬉しい。自然消滅を乗り越えてやっと新しいユニットに所属することが出来た。これからはもっと露出が増えるんだ。もっと自担を応援できる。そう思うはずだ。

 

しかし、現状は3週間前とは大きく異なっていた。7 MEN 侍としてステージに立つ自担の姿を想像したとき、自担の隣に彼の姿はもうなかった。泣けるほど夢にみた自担と彼のGAMEやエレショの再演はどれだけ新ユニットが大きくなっても一生見ることは出来ない。そう思うと何だか心にぽっかりと穴が空いたような感じがして、新たなユニットで頑張ることを決めた自担を素直に応援することが出来なかった。正直なところ、彼なしの自担の未来など見たくなかった。

 

自分勝手でわがままなおたくだから、どうしても去っていってしまった彼に対して “じゃあね、これからもがんばってね” とすぐに割りきることが出来なかったし、素直に自担に “おめでとう、これから頑張ろうね” ともいえなかった。どうしても自担の隣にいるのは、彼じゃなきゃダメだった。自担のシンメは、彼じゃなきゃダメだった。他の人は他の人でしかない。

 

何を贅沢な、とおっしゃる方もいるだろう。

ユニットに加入出来たんだからいいじゃないかと。私も当事者でなかったらおそらくそう思う。

 

しかし、ご存知のように各々が担当とする自担にときたま存在する “シンメ” と呼ばれるものは少し特殊なもので、この世で一番尊いハッピーセットのようなものであり、多くの場合コンビのようなものを指しているのだが大抵そういった人物は各担に1人しかいない。そのシンメを失ってぽっかりとあいた自担の隣。不確定な未来と引き換えに生まれる微かな可能性に賭けていた昨日までとはもう違う。自担の隣がもう一度彼で埋まる可能性は完全にゼロになってしまった。

 

これからどうすればいいのだろう。自担を好きなことに変わりはなくて、シンメの彼はどうやっても戻ってこない。悲観しても生まれるのは虚無感だけで、生産性のないマイナスな気持ちが私から自担を遠ざけた。楽しいはずの趣味が楽しくなくなってしまった。

 

アカウントを離れて1週間ほど経った頃、大昇担の姉が研修から実家に帰ってきて、私がそれまで見ようか迷っていた回の少クラの録画を再生し始めた。先週13日放送分の7 MEN 侍のパフォーマンス初お披露目が収録されている回だ。今まで時間が合えば一緒に少クラを見ていたこともあって、いつものように私も一緒に見た。その日疲れていたのもあって、うらやましいなこんちくしょー!と半ベソをかきながらハイビーを見た。

 

そうこうしているうちに7 MEN 侍の出番がきた。鮮やかな緑のベストに青いジャケットを身に纏ってスケボーを自在に操る自担の姿を見て、条件反射のように流れる涙を拭いながらただひたすら画面の向こうでキラキラしている自担をみつめていた。すごくかっこよかった。その日、自担はカメラに抜かれて名前のテロップも出た。カメラに抜かれたのはいつぶりだろうか。名前のテロップが出たのはいつぶりだろうか。人によって価値観は違うが、私にとって、こうして自担に再びスポットライトが当たったことは、私が今までああだこうだと思案していたものを吹き飛ばすのには充分すぎるくらい大きなものだった。

 

チャンスは準備された心に降り立つといわれているが、自担は二度もチャンスを掴んだのだ。ユニットに所属出来るチャンスはそうそうないことはもう嫌という程分かっていた。だからこそ、そう思った瞬間今まで拗ねてごちゃごちゃ考えていた自分がアホらしく思えた。自担は自分にチャンスがまわって来たから掴んだだけだ。

 

 

こんな感じで目の前が真っ暗でどうしようもなかった2週間前の私から埃を払ってくれたのは自担だった。今日から私は7 MEN 侍の本髙担。メンバーカラーは緑だ。自担のスケボー技術は少し心配だが、以前から通学で使用していたと聞いて違う意味で驚いた。大都会はすごいな。

 

最後に、かつてみたアニメで「この世界は選ばれるか選ばれないか、選ばれないことは死ぬことなの」というセリフがあったが、そんな言葉が当てはまってしまうような世界で生きる本髙くんが新ユニットに選ばれたこと、それは本髙くんがここまで諦めずにチャンスを掴む準備をし続けてきたからだという事実を噛みしめて、私はこれからも本髙くんを応援していきたい。今度こそ、なんて言葉は良くないのかもしれない。しかしもう一度チャンスを与えてもらえたのは私にとっても同じだから、少しでも本髙くんがチャンスをものに出来るように私の出来る限りを尽くしたい。どうしてももう隣は埋まらないけど、その未来を纏う背中はおたくで支えるよ。

 

 

 

たぶんこれからも村木や天才Geniusのことを思い返しては、その度にセンチメンタルになるだろう。今日があの夏を超えることがきっとなくても、悲観はせずにそうやって思い返したときにそれらが楽しい思い出だったと言えるようになっていればいいなと切実に思う。

 

あとこれは本当に余談で、前からずっと思ってたことだが、自然消滅してしまった後も変わらず情報局の動画コーナーの1番下に、天才Geniusの局動画が残っていることが本当にうれしくてたまらないので、暇な方は是非一度再生してみてほしい。もれなく「なんでも微分しちゃうぞ♡」な天才ではちゃめちゃに可愛い本髙くんが見れます。 などと、天才ちゃんの話をし始めると止まらないので今日から暫く彼らとはおさらばすることにした。

 

私は、今日から侍担。

さよなら、天才Genius。

 

 

f:id:rktk-126:20180420004047j:image

 

 

 

おわり

Supernova

 

With you / Sexy Zone

Wow Yeah

夢から押し戻されて 開いたドアからのぞく
曖昧な 景色 朝が来た

焦るキモチとウラハラ 考える時間はない
行こうか 小さな勇気が 大きなパワー

君が今かかえる キズや痛みを 忘れるほどの旅にしよう
さぁ! ぎゅっと 手をにぎった

見つけたんだ 小さな光 未来ヘ
with you with you この手はもう 離したりしない
臆病だった僕が こんなにも強くなる
僕が必ず 君を守るよ

どこへだって行けるけど 後戻りはしたくない
行き先は 反対側なんだ

ほら、太陽に向かって 花達が咲くみたいに
僕らも 上を向いて 歩いてこう

ちっぽけだって 嘆いた あの日の言葉 間違いだね君がいるなら…
また ぎゅっと 手をにぎった

気づいたんだ 小さな光 隣で
with you with you 求めてた 希望のカケラ
どうしようもないほど 大切な人なんだ
僕の全てで 君を守るよ

もう泣かないで… 僕に教えて…
本当の笑顔 僕がきっと 取り戻してみせるから

見つけたんだ 小さな光 未来ヘ
with you  with you この手はもう 離したりしない
臆病だった僕が こんなにも強くなる
僕が必ず 君を守るよ

 

今日2018年1月17日

King&Princeがデビューすることを発表した

 

担当の皆様、おめでとうございます。

 

私はこの発表を聞いて、なぜだか無性にWith youが聞きたくなった。何も出来ないくせに「僕が必ず 君を守る」と言いたくなった。「後戻りはしたくない」「行き先は 反対側なんだ」そう、自分に言い聞かせるように何度も何度も繰り返しWith youを聞いていた。

 

ツイッターを開けば、Jr.内にユニットを組んでキンプリと同様に活躍していた他のユニットのファンが祝福していた。すごいと思った。なんて良い人なんだろうと思った。次は私たちの応援しているユニットだわ、と意気込む人もいた。

 

明けない夜はないが、朝がくるまで生きている保証は別にない

 

ふと、誰かがそう言っていたのを思い出した。どんなに長く苦しいときがあっても、はじまりがあればどこかにおわりがあるように、明けない夜なんてないよと人はよく言う。確かにそうだ。でも人がどこでどんな風に恋に落ちるかわからないように、今自分が応援している子がいつどこで絶望して、もうダメだこれ以上やっていけないと線を引いてしまうかわからない。

 

彼らは職業・アイドルだけど、小学校にいけば普通の小学生だし、中学校にいけば普通の中学生、高校にいけば普通の高校生で、大学にいけば普通の大学生だ。競って高めあってきた他のユニットのデビューが悔しくないわけがない。いつ次のグループがデビューするかもわからない中で今まで散々やってきたのに、また同じことを繰り返すのかと未来に絶望しても可笑しくない。

 

どれだけ舞台上で明るく振る舞うアイドルがいても、そのアイドルのユニットメンバーの中には既に絶望しているメンバーがいるかもしれない。それでも彼らは素知らぬふりをして、アイドルの仮面を被って舞台に立つのだ。深い悲しみをその素敵な笑顔に隠して、私たちが愛する仮面を纏って彼らは今日も明日も帝国劇場の舞台に立つ。

 

はっきり言って、今回のこのデビュー諸々において私は部外者だし外野もいいとこの無所担だ。ある程度関係ないからこそ言えることだろうけれども、どんな形であれジャニーズJr.の現状に風穴を開けてくれてありがとう。

 

 

おわり

 

19

 1年前の今ごろ、まだ君が18歳になる前

だいすきだった“天才Genius”がなくなった

 

時が流れる以上、変わらないためには変わらなければならない

 

そう、誰かが言っていた

 

活動を共にしたJr.の退所

不定期になりかけた少クラ

さらに活動が加速するJr.内ユニット

 

少しずつ世界が変わっていって
取り残されるようで怖くなって

変わらないものを見ようとして

それはそれで幾つもあって

 

月1のドル誌

一目で君だとわかるダンス

端っこで踊っていても絶やすことのない笑顔

澄み切ったきらきらの瞳

理系らしい論理的な話し方

いつも家族と仲良しな理想の息子

 

ユニットがないことで露出が減っても

どれだけ端で踊ってても

君は君で

誰よりもかっこよくて

そう改めて思わせてくれたのも君で

やっぱり君が好きなことには変わりなかった

 

そんな君へ

 

君は夢を叶えていく人だから

君ならその夢は必ず叶うから

 

こんな陳腐なことも言えちゃうくらい

君にはハッピーエンドが待っていると思ってて

 

今日から始まる10代最後の年も

願わくばそのあともずっと

輝き続ける君を応援していたい

“終わることない夢を見たい”

 

少しずつ大人になってゆく君にとって

どうかこの1年が素敵なものでありますように

 

本髙克樹くん 19歳のお誕生日おめでとう

 

 

“The world's a stage and it is time for your debut.”
「世界は君を待っているよ。」

 

 

おわり